もちろんエイプリルフールなわけですが

米原市議会議員の松崎淳です。

ちょっと中途半端な内容ですみませんでした。ウソを書くなら最初から最後までウソにすれば良かったんでしょうが、県議選に出る、という部分以外は嘘だか本当だかが分かり難く、結果的に各方面に波紋を呼んでしまったようで、いろいろとすみませんでした。

県議選には出ません。だいぶ以前から意思表明している通りです。

まあ、うそはうそであると見抜ける人でないと難しい、という格言もあるようですので。

それにしても、マスメディア数社をはじめ、思っていた以上に反響がありましたね。このギリギリのタイミングで相当刺激的なウソにした確信犯ではあるのですが、どうしてこのタイミングで私が県議選に出る、という発言が注目されたのか考えてみました。

いよいよ明後日告示ですが、県議選の米原選挙区からは2人が立候補予定とされています。大御所さんと、民主代議士元秘書の若手さん。まあよくありがちなパターンといえばそうですが、これまでの経験と実績を訴える保守系自民党候補と、若さで新鮮さをアピールする野党候補、と見えるかもしれません。

ところがこれまでの米原市選挙区は定員2だったのが今回1に削減され、2人いたのがどう一本化するのか、そこが見どころになっていたはずです。現職の2人はそれぞれ大御所で議長経験者でもあるし、うまく調整できるのか、それとも破談になってドンパチが始まるのか、そこをみなさん楽しみにしてたんじゃないですかね。

なんかだいぶひとごとに書いてますが、県議を応援する立場は今回全くないので、単なる一選挙好きの立場で書いてます。

もちろん二人だけの戦いではなく、前回4年前は4人の戦いで2人が当選してたので、自民対民主(社民?)みたいな構造はあったのでそれも大事なんですけど、今回は定数削減というもっとメディア受けしそうなニュースがこの選挙区にはあるので、なおさら注目を集めていたはずです。

ところが選挙が近づいてきても、街なかに溢れるポスターは民主の3連ポスターのみ。他市に行けば自民系の3連ポスターも多く見かけるのに米原市内には一枚もない。なんか本当に選挙やるの?ぐらいの不思議な雰囲気ですよね。

確かに議長が議長選でドタバタして自民会派から出されて、みたいなのがあるので自民公認がおりるはずもないので当然なんでしょうが、じゃあ一体、自民党はどこに行っちゃったの?という印象を市民のみなさんもお持ちじゃないですかね。自民、不戦敗?みたいな。

ではこのタイミングで松崎淳が県議選に出るといったら、結局自民不在であることには変わりないんでしょうが、自民?対民主?みたいなよくわからない構造の戦いに、ひと波乱起きるかもしれない脇役が来て、俄然米原の県議選も面白くなるかも、みたいな期待があったんじゃないかな、そんな勝手な想像をしました。

もちろん現状で立候補して、この数日前の表明ではなく事前にしっかり想定して出ることも考えなかったわけではありませんが、勝ち目があるかと言われるとまあマルでないわけですよ。何かよっぽど大きな風でも起こさない限りは。単なる面白おかしいプレーヤーになるのが確実なときに、市議の職責を放棄してまで出るだけの大義名分は見つからないわけです。

これが定数2のままだったら全然話は変わりますよね。若い力で米原に活力を、みたいなスローガン掲げるのが2人いても、ひょっとしたら2人とも通る可能性もある。でも定数1で若手が多数いても、潰し合いに終わってしまいますよね。それじゃあ意味ないんです。

そんな仮定なタラレバの話はさておき、今回出てる若い方の候補予定者さん、大学の先輩なんです。東アジアとは縁を切るべき、みたいなことを言ってた人の大学、って慶應義塾なんですが、それだけでも塾員として応援しに行くだけの大義名分になると個人的には感じてます。

民主党の代議士と関係がないんだったらもうフルに応援に行ってるところでしょうが、民主アレルギーが強すぎて維新の党じゃなく次世代の党を選んだくらいなのでそれはまず無理ですね。

その一方で反民主という観点からすれば、大御所さんを応援すべきでしょう。特に私が誇るべき実績として、私が選挙応援に行くとかなりの確率で落選するというジンクスを持ってますので、大御所の支援じゃなく、若手の応援に入ったら結果的に私のジンクスが通って反民主が達成できる、なんてこともあるかもしれません。

ちなみにこれまでの選挙は、長浜市長選、滋賀県知事選、長浜市議選、衆院選を手伝ってきましたが、1勝3敗で、その1勝もギリギリの当選という感じだったので、勝利の美酒からは常に遠いところにおります。orz

一応昨日の記事の最後に、「U.S.O.」(ユー・エス・オー)の妖怪メダルを貼ってたんです。ピンクレディーがらみで差し替えにもなった妖怪です。

【再掲】
IMG_0729uso

それに、もし本当に県議選に出るのなら、報酬が少ない云々はたとえ腹の中では思っていたとしても、このタイミングでは絶対言いません。

多分このあたりの常識は持ち合わせていると思いますが、そんなのを打ち破るような破天荒な政治家が求められているのであれば、要望に応じて転向しますよ。