米原市役所・新庁舎問題

米原市議の松崎です。

米原市役所が新しい庁舎を建てようとしています。その説明会が、本日夜に米原庁舎で開催され、明日7/25(土)には市内3ヶ所でも開催されます。興味をお持ちの方はご参加いただければと思います。

【米原市役所:庁舎等整備基本構想の市民説明会】
http://www.city.maibara.lg.jp/0000007081.html

【伊吹山テレビOnline:庁舎等整備基本構想市民説明会 [米原 7/24, 近江・伊吹・山東 7/25]】
http://ibukiyama.tv/2015/07/1507073-庁舎等整備基本構想市民説明会-米原-7-24-近江・伊/

で、米原庁舎の説明会に参加してきたわけですが、40~50人くらい参加されてましたが、半分くらいが市職員と議員などの関係者で、あまり関心が高くないように思いました。

【会場の様子】
DSC01005
DSC01006
DSC01007
DSC01008

会場で発言された方が、市民にもっと説明をといった内容を仰ってましたが、市民のみなさんも実はさほど関心ないのかなという気もしてます。ぶっちゃけ、市役所に行く用事って普通の人はあまりなくて、住民票とかを取りに行くのも年に何回あるかというレベルでしょうし、市役所を使う人は使うけど、使わない人はあまり使わない、よってあまり関心もない、といったところでしょうか。

市に関わっている立場だと、ものすごい重要な案件で、議会が議決する際も、普通なら過半数で可決されるものが、庁舎の位置については重要案件ということで2/3の賛成がないと可決されないという非常にハードルが高いものになってます。(特別多数議決というそうです)

米原市議会では市民アンケートを実施し、2000人の16歳以上の方に回答を求めた所、6割の1200件あまりが返ってきて、関心がなくはないどころか高いことはわかっていました。

ちなみに16歳以上というのに私は反対しました。0歳から、と提案したのですが、若年層の投票権問題でも出される0歳から案だと、判断つかない子供の分は親が代わりにするというものです。それぐらい過激な対策でもやらないとシルバーデモクラシーに国が潰されてしまう、というのをこの市民アンケートの小さなところで試してみました。

【米原市議会:米原市庁舎整備に関する市民意向調査結果】
http://www.city.maibara.lg.jp/0000006552.html

【米原市議会:米原市庁舎整備に関する市民意向調査結果報告書(平成27年3月)】
http://www.city.maibara.lg.jp/cmsfiles/contents/0000006/6552/enquete.pdf

【米原市議会:自由記述整理表】
http://www.city.maibara.lg.jp/cmsfiles/contents/0000006/6552/jiyuukijyutu.pdf

しかし市の広報紙で「新庁舎は東口にします」と発表されたこともあってか、まあ、こんなところかな、という感想をお持ちの方が多いように感じてます。

議決前に決定したかのような報じ方はどうか、という指摘が今日もありましたし議会内でもありましたが、当局の返答の通り、東口とする構想が出来上がったということでもあるし、予定ですとか細かい表現にこだわってゴチャゴチャするよりはマシかと思ってて、これに関しては実はあまり議会軽視だという感想は持ってません。

議会軽視というのが最近流行ってる気がしますが、その意味では、JR3駅の活性化対策については議案説明と議決結果と全然違う方向性が出されていて、これは問題だと思ってます。各駅1件100万円のお金を新しい移住定住者に出すという内容でしたが、子育て世帯を優遇しますとか大きく変わっていて、これは後ほど委員会等で追及されると思います。

私自身としては、人口重心を鑑みた「醒井庁舎」をこれまでもずっと掲げてきていましたが、想定していた土地にソーラーが出来るらしいという噂を耳にし意気消沈していたところで、そもそも人様の土地を勝手に想定するのがいかがなものかとはわかっていますが、色んな想定をするのが大事なわけで、その上でそれが見込みなくなったとなれば、新たな拠点を考えなくてはなりません。

そうしたときに、市長から米原駅東口というのが提示されました。諮問委員会に答申された内容ではありますが、当然この方向で出して欲しいという流れから導き出されたものですので当然の結果ですが。

他の候補地は、現在の市役所の庁舎がある4ヶ所で計5つから選ばれたわけですが、私が一番重視していた人口重心という考えからはどこも当てはまらず、5つ以外の提案をしてきました。これが☓になったので、じゃあ5つのうちどれがいいのか、これを考えるべき新たなフェーズに入りました。

本当は、ほかの民有地を含めた検討をして欲しかったところです。醒ヶ井駅の裏側の未利用地を想定していましたが、それ以外にも元息郷小学校などの廃校(休校?)の敷地もあるでしょうし、山東グリーンパークの一部(ゴルフ場とか)を挙げる声もありました。

現庁舎4ヶ所と米原駅東口の再開発地区にある市有地という選択肢になったのも、費用や時間の制限があるとの説明でしたが、平成32年(2020年)までに完成させるのであれば、まだ時間はあるように思います。他市の事例を視察してきたところでは、市長の政治決断でスパッと決まったケースも見てきましたのでそれを期待していたのですが、残念ながらそれは見られませんでした。

費用が50億円というのも出されています。諮問委員会などの説明資料では当初30億円弱ぐらいの数字だったのですが気づいたらあれよあれよと上がって、2020年のオリンピック・パラリンピックと東日本大震災復興のダブルの影響で高騰しまくってるのは理解しますが、新国立競技場を見て同様に、あれ、高すぎじゃね?というのが正直なところです。

これを合併特例債という平成の大合併の時のアメを使うことで市の負担というのは大幅に軽減できます。事業費の95%に充当できるということで50億円だと47.5億円はこの有利な借金制度を使えます。何が有利かというと、47.5億円のうち70%を国が持ってくれるということで、50億円のうち33.25億円を国が面倒見てくれます。市の負担は1/3の16.75億円になるので、相当有利です。17億で50億のものが買えるんです。プレミアム商品券の3割お得どころじゃなく、3倍お得なんです。プレミアム商品券の騒動についてはまた別途。

1庁舎にまとめるのではなく今の4庁舎方式で行くとすると、現庁舎のうち古い庁舎を耐震補強するには20億円弱、補強せずに建て直す(山東庁舎以外の3庁舎)と33億円かかるそうです。

庁舎が分散していることで職員の移動時間や車に関わる費用、さらに4つ分のメンテ費用などを考えると、毎年1億円弱がムダになっているので、4つを維持するのではなく1つに絞るというのは必然の流れかなと思います。しかし50億円と当初より20億ぐらい上がったうえに、オリンピックと全く同じ年に完成させなければならないので、さらなる高騰も予想できます。例えば、70億円でしたと言われてしまうと、特例債使っても市の負担は24億、となると耐震補強で乗り切るってのも現実的に考えたほうが良いかもしれません。

いっそのこと庁舎建設はやめて他の市道整備や教育施設改善を実施した方がいい、そこまでいった極論も出て来てもおかしくない、それがオリンピック庁舎問題です。国からの見返りなしに、身の丈にあったこじんまりとした庁舎を20億円で、というのも、冗談に思われるかもしれませんが、実は真剣に検討する余地はあると思ってます。

人様の土地をアテにするという話では、実はもう1か所考えていたのがあって、ついでですので書いてしまいます。米原駅西口の駅前にある平和堂です。営業中だし、閉店や移転の噂も全くありませんが、他市の駅前平和堂店舗の動向を見ていると、駅前の古いのを閉鎖し、やや郊外にフレンドマートやフレンドタウンを作る動きが結構見られます。

マイへーからマクドナルドがいなくなって久しいですし、百均も潰れちゃいました。駅前立地をやめて、例えばR8バイパス沿いとかに移るなんて話があってもおかしくはないです。もしそうした話が起きたときは、この店舗の跡地に庁舎を入れるというのもひとつの選択肢としてはありじゃないか、と妄想してます。すべて妄想です。

床面積も足りそう(8000平米強ありそう)ですし、駐車場もたくさんある。建物が平和堂のものでなく借り物らしいのがちょっとゴチャッとしそうですが、改装費用に何十億もかかることはないでしょうし、知恵の使いドコロでしょう。

実は8/5・6と栃木市に防災行政無線の視察に行くのですが、栃木市役所の庁舎も元はデパートらしいです。防災無線問題も庁舎問題と同様議論が活発になってる案件ですが、個人的にそれ以外にも学んでこようと狙ってます。

醒ヶ井庁舎の陽の目がなくなった時点で、私としては米原駅東口という選択肢を再考し始めました。ここの可能性としては、駅チカという他にないポイントがあり、東京の豊島区役所のように上層階を定期借地権マンションとかで売れば、市の負担というのは軽減できるのではないか、これをいま考えてます。もちろん人が住めば街が活気づきますし、ニワトリタマゴではありませんが、人をまず市が呼んで再開発にはずみをつける、というのもひとつの考え方です。

東口でもL字の狭苦しいところじゃなく、県有地のほうの広い敷地にデーンと構える、という意見も議会ではありました。わからなくもないです。でも、奥のほうだと徒歩1分ではなくなるので、庁舎上部の活用が難しくなるかもしれません。徒歩1分は、大きいです。それに、デーンとした立派な庁舎を建てるのであれば、駅前はむしろふさわしくないと思います。

私が東口に賛成するのであれば、この庁舎上部の活用が必要と考えます。敷地が7000平米で80/400の商業地です。ここに2000平米の5階建ての庁舎で1万平米を想定していますが、400%の容積率であれば2.8万平米まで可能で、残りの1万8千平米が未利用のままです。これをマンションなり商業施設なり、って商業系は厳しいでしょうね、商圏が狭いのは変わらないし、居住者の人口増を狙って14階建てのマンション併設でしょう。1フロア80平米の部屋を22戸の9フロアで計200戸を2千万で定期借地で売れば40億。これなら市の負担を減らせる?

議会での意見を聞いていると、東口に対する反対はものすごい大きいです。20人の2/3の賛成が必要なので13人?14人賛成しないといけないのですが、今時点ではとてもこの数字には足りてません。っていうか、賛成は数名だけなくらい反対が多くなってます。

ここで私が気になったのが、東口に反対だから、西口にある現在の米原庁舎の敷地にする、という声が多くあったことです。いやいやいや、そういう議論じゃないでしょ。東口は再開発の起爆剤でもあり駅近という特異性があるけど、現庁舎の敷地であればそれはなく、だったら250平方キロの米原市の南西のはじっこにある米原地区は市民全体のアクセス性などを考えたら、私は反対です。だったら山東庁舎か近江庁舎の方がまだましです。

すべての議員さんたちがどれくらい考えているのかわかりませんが、他のどの案件よりも注目されているだろうなというのはわかります。でももうちょっと考えてほしいな。東じゃなくて西、これは違う。

滋賀夕刊で東口案についてボロカスに書かれていました。

【滋賀夕刊:駅東の米原市役所は最低】
http://www.shigayukan.com/2015/07/post_1865.php

いつもは好きなんですが、これにはちょっとイラッとしました。そこまで言うか、と。山しか見えない、街がない、って別にいいじゃん、新幹線の駅があるんだから。名古屋まで20分、新大阪まで36分、東京まで2時間。リニアが出来たら1時間ちょいで米原市役所から東京に行けるんです。東京都の隣の山梨県庁よりも近くにある庁舎は、滋賀県でも唯一の存在になるんです。

新しい長浜市役所の自慢が入っているなと感じましたが、そんな豪華なの(職員1人あたりの床面積は米原の想定の倍近く)は要らないし、細い道路にしか囲まれてない立地は災害時に不安あるし、だいいちあんだけ広い長浜市の南端に庁舎置いちゃって、北部の人達はどうするよ、とも言いたくなります。

【豪華な長浜市役所】
DSC00332
DSC00371
DSC00335

【吹き抜け!】
DSC00340

【市長のイスだけ背もたれが高い】
DSC00361

【米原市の伊吹山が一望】
DSC00365

人口重心も考えようよ。虎姫のこども園が長浜市の人口重心だよ。もっと北に行こうよ。

【長浜市の人口重心はとらひめ認定こども園の裏】

ちなみに米原の人口重心は、多和田(旧近江町)と山室(旧山東町)の間の峠の脇、ローザンベリーの上の方。

【米原市の人口重心はローザンベリーの上の方】

人口重心は、平成22年のデータで統計局が出してます。

【総務省統計局:我が国の人口重心 -平成22年国勢調査結果から-】
http://www.stat.go.jp/data/kokusei/topics/topi61.htm

ここで公開されてる市区町村の人口重心のエクセルファイルで東経北緯を出して、Googleマップで見られるように変換して出してます。

ついでに彦根は南彦根駅近くの彦根中央病院の近くで、やはり偏ってる。長浜も彦根もそんなに米原駅に近づきたいのなら、一緒になればいいのに。ってこの2市が一緒になることは絶対にありえないので、米原は単体で生き残るべきだと思います。

私が醒井庁舎を推したのは、この人口重心に近くて公共交通機関のある場所となると醒ヶ井駅で、駅裏に未利用地があるし、4町の中でも米原近江に市庁舎を持っていかれるんだろうなと半分諦めの伊吹山東の人に、米原でも東の端っこの醒井なら納得・妥協できるでしょ、と説明でき、近江米原にも米原だし米原駅から一駅だし、坂田駅から2駅は柏原駅から2駅と一緒、と説明できる、そういった観点から選びました。

先日、議員全員が参加する全員協議会があり、ここが当面の新庁舎問題を議論する場となったのですが、いよいよ次のフェーズに入った、と私は申し上げました。議会としてあれはいい、これはダメ、と言ってる段階はもう終わって、いまは市長が提案してきた東口を検討する時期に来たという意味で言いましたが、東口がダメならじゃあどこなのよ、という具体的な提言ができるようにならないといけないと感じてます。

議員には執行権がなく、あくまでも予算を持ってるのは市長なので、その是非を市民に代わって判断するのが議員といったことも言いましたが、議会にも提案権があると言われました。はい、確かにその通りで、議会改革でそのような条項が追加になってますけど、じゃあ現実的に議会から具体的な提言が出来るかと言えば、それは相当厳しいでしょう。

この全協では西口の現米原庁舎敷地、という意見がかなり多かったように思いますが、じゃあ西口案を議案として提出して2/3の賛成を、って通っちゃうぐらいの数がいるかもしれませんが、それって相当な越権行為のような気がします。議会は首長の執行権限に対して判断を下す立場であり、正面から否定して別案を出すのなんて、大阪市ですらやってなかったように思います。

どうなんですかね。50億という数字にまずはビビりますし、場所も新幹線+再開発の起爆剤として南端でも認めたい気持ちもあります。

一方で、人口重心をやはり重視し、山東小学校のあたりなら平地だし市内一体化道路も近く市内全域からのアクセス性も高められるし、広い敷地に単純な四角の建物を安価に建てて、維持管理費用を軽減し将来負担を少なくするべきだとも思います。

とりあえず米原会場での議論は見させてもらいました。土曜日には近江公民館が10時から、ジョイいぶきが14時から、山東公民館が19時から、それぞれ同じ説明がされます。

【米原市役所:米原市庁舎等整備基本構想・概要版(会場で配られる説明資料)】
http://www.city.maibara.lg.jp/cmsfiles/contents/0000007/7029/gaiyo.pdf

【米原市役所:米原市庁舎等整備基本構想・本編】
http://www.city.maibara.lg.jp/cmsfiles/contents/0000007/7029/honpen.pdf

市当局に求めたいのは、東口で提案してきた以上、なるほど、やっぱここだね、と多くの方に納得していただけるだけの説得力ある説明です。このポイントとしては、複合施設というのを出されてきたのが一番の目玉になるのでしょうが、今ひとつインパクトが弱いのが難点です。マンションを9階分上につけて、建設費用を半分にします!とかそれくらいのものを打ち出せば、だったら東口でもいいか、となるんじゃないでしょうか。市内広域からのアクセスに難があったとしても、それを上回るメリットを提示することが重要です。

念頭に置いてるのは先にも書きましたが、東京の豊島区役所です。

別にこの本を読んだわけではなくタイトルしか見てないのですが、なんとなく伝わってきます。そして、これを説明できるのは市の職員さんではなく、市長なんじゃないかと今日の米原会場を見てて思いました。やっぱここは「政治」なんだと思います。別に市長派ではないんですが、っていうかむしろ反市長派に位置づけられてると思いますが、以前何度か書いた通り、市長をめちゃめちゃ応援してた内容もちゃんとあるんです。

市長がなぜここなのか、その思いを語ってもらわないと、市民は納得できないんじゃないですかね。もちろん市長の提案とは異なる意見のあるもう片一方の政治家、すなわち私たち議員も、なぜ反対するのか、そしてその代わりに何をどうするのか、というのを市民に対して発信していくのが求められているんです。反対するだけならサヨクにも出来る。戦争法案ハンターイ。

議会に対する説明でも、この庁舎問題に限った話ではなく、最近市長の意見を聞く場というのが少なくなってるんです。これは議会側から言ったことなので相反することになりますが、委員会審議などすべてに市長に参加してもらうのは申し訳なく、担当部署の職員さんだけで事足りる、市長は必要なときだけ呼ぶ、という形にここ1年だか半年ぐらいで変わったんです。なのでこの庁舎問題も、市長から直接話を聞くことなく担当部長・理事の説明ばっかだな、と今更ながら気づきました。もっと市長を呼ぶべきでした。

そもそも新庁舎建設「案件」ではなく、「新庁舎問題」とみんなが言い始めるような事態になってしまってるのが残念でなりません。

明日の日中はいろいろ用事があって行けないのでまた夜の部に顔を出したいなと思ってますが、他の会場の様子などもあとで聞けたらと思ってます。とりあえず米原会場の様子では、納得、という空気ではありませんでした。

議会としても八方ふさがり、市長が提案した東口に反対だけでなく説得力・具体性のある代案が出せるのか。そして恐らく、市長・執行部としても八方ふさがり、議会の3分の2の賛成をどうすれば得られるのか。この状況を打破するにはどうしたらいいのでしょう。何かいい知恵がある方がいらっしゃれば、ぜひ授けてください。難しいかな。

あとは、庁舎が1か所にまとめられたら、じゃあ残された地域には何が残るの、というまた大きな問題も残ってます。米原会場の説明では、それは新庁舎が片付いてからとありましたが、これは同時並行的に進めていくべきだと思いました。

市長の話の中で、伊吹地域は薬草の里、と初めて具体的な名前が出ました。山東庁舎は耐震を満たしてるのでそのまま使えますが、ここは密かに、米原市美術館にしたいなと考えてます。なので市民自治センター機能はルッチプラザがいいんじゃないですかね。近江も近江公民館、米原も米原公民館。会議室1部屋程度で十分でしょう。災害時には他の会議室やホールを使えばいい話ですし。

といった話は、9月議会でやりたいなと考えていたところですが、この庁舎問題がクローズアップされている中だとゼロ回答のオンパレードになる予感が大いにしてるので、ちょっと慎重にしていきたいと思います。