リージョナルジェット

オハヨウゴザイマース、米原市議の松崎淳です。

議長選とか会派とか書かねばならないことがありますが、意味不明なことが多すぎて筆が進まないので、別の話題でも。

MRJ、飛びましたね。

日本に住んでると、特に東京に住んでいると、になるのかもしれませんが、「大国」という意識はあまりないかもしれません。何を言い出すかと言えば、以前オーストリア航空という、コアラとかカンガルーではなく、ヨーロッパのウィーンに飛んでる航空会社でも勤めていたことがあります。

【OSの772】
DSC00108

人口が800万人しかいないわけですよ。大阪くらいの数で、国。それを考えたら日本なんて、アメリカほどの超大国ではありませんが、十分大国なわけです。1億もいるし。ヨーロッパなんて数百万単位の国なんてざらにあるわけで、ウィーンから飛んでた国だとエストニア132万人は滋賀県140万人と変わらないくらいですし。オーストリア航空に勤務してウィーンやヨーロッパを訪れることが多くなって初めて気づいたこの感覚、新鮮でした。

その前に日航にいた時は、ジャンボや777みたいな大型機種が当たり前な感覚でしたが、今は小型化も進んでるようですが、むしろ世界的には異常な方で、普通は小型機を飛ばすのが当たり前、という感覚が一般的だと、転職して初めて気付かされました。

大型機は、大陸間(インター・コンチネンタル)の国際線、というのが一般的で、東京・大阪みたいな離陸したらすぐ着陸するような短距離で使うほうがイレギュラーだと。国内線の担当がほとんどだったので、国際的感覚というのも当時は薄れてましたね。

【SQのA380】
DSC00109

教育の視察で秋田に行きましたが、久しぶりに搭乗した飛行機が、ボンバルディアのダッシュ8-Q400でした。

【NH、で一括りにしていいのかな?】
DSC01790
DSC01791
DSC01792

昨日初飛行したMRJも、ボディやキャビンのサイズは、これと同じくらいです。ちなみに中部・秋田線です。

70人とか90人みたいなちっちゃい飛行機?と以前の感覚では思ってたんでしょうが、オーストリア航空ではこのサイズも普通に主力で使ってて、世界的に主流な737(ボンバルディアの1枚目の写真の後ろにいるやつ)やエアバスA320クラスの旅客機に加えて、それより一回り小さなMRJがターゲットとする市場も確実に大きなものがあります。

【南西航空?NUの737】
P1010699

東京だとあまり乗る機会はなさそうですが、中部とかだと実はMRJクラスが大活躍できる路線が多く、今後日本の空にMRJがたくさん飛ぶようになったらいいですし、世界の各地でも見られるようになると、いいですね。

短く書いたつもりでも30分かかった。もっと短くするか。。。