オメデタイ議長

こんにちは、米原市議会議員の松崎淳です。

明日から本会議で、9月議会が正式にスタートします。

昨日議運があり、一般質問を行う議員のリストが発表されました。

今回は20人中15人、と恐らく過去最多じゃないですかね。

ってそれぐらいが他市では当たり前も当たり前のことであって、これまで何もせず議場で寝て座っている米原市議会が異常だったわけです。

4年前の9月議会を、当時はみらいつくり隊の隊員で、今後の生き方について考えている時期だったので、傍聴に行ってました。その際に、最大会派の議員さんが当時の泉市長に対し、次の2月の選挙への意気込みを問いかけ、そこで泉市長の立候補宣言が行われました。

タイミング的にはこの9月議会が、平尾現市長の立候補宣言のタイミングかな、と思っていましたが、平尾市政3年半、という質問がありましたので、恐らくそこで立候補宣言されるものだと想像します。

かたや、保守系・自民党系の市長選への動きが気になるところですが、いろいろ噂は耳にしたものの、何も具体化したものが聞こえてきません。

このまま不戦敗で、平尾市政の継続になるんですかねぇ。

いろんな市民の方から声を聞いていますが、市庁舎建設もそうですが、傲慢とも言えるやり方に批判が集まっていますし、市民から徴収した税金を無駄にバラ撒いている姿に対しても苦言が呈されています。

バラ撒かれた人にとって平尾市長はとてもありがたい存在なのでしょうが、市民の大多数にとっては税の無駄遣いでしかなく、特に平尾市政で進められている事業は、継続性とか持続性といった観点が欠けているのがずっと気になっているところです。

税をばら撒いたとしても、結果的にそれが経済的効果を生んだり、波及効果が期待できれば、結果それはオーライにもなるんですが、そこが乏しいんですよね。

税金をバラまいてもらった人だけが恩恵を受けている、そんな姿を市内各所で目にしています。

それに対して、自民党系から対抗馬が出ないというのは、とても残念に思います。

自民党は自民党でベストとは思いませんが、民主党のやったバラマキより、まだ自民党のバラマキの方が、効果が期待できる、ということでここ4年くらいの投票結果になっている、というのはみなさんもご承知の通りです。

立候補宣言を促す質問の直後に、実は私の質問があるんですよね。私も何か宣言してみましょうか?

さて、オメデタイキタムラキヨノブ議長のこぼれ話でも。

前回書いた記事の最後に、市の公用車が長浜の裁判所に停まっている写真と、政策推進部・みらい創生課の担当者名が記載されている広報まいばらのキャプチャーを掲載しました。

これがどうも気に食わなかったようです。このブログ記事を印刷して、熱心に、滝本議員と各所で配り歩いているようですね。

shigayukan160608
委員会での職務を放棄する滝本議員と北村喜代信議長の写真でも再掲します

「松崎ってやつは、こんな酷いことをするやつなんだぞ」とでも言いたいのでしょうか。

どうせやるなら、その問題としたい箇所だけ印刷すればいいのに、ブログの上段の大部分で書いているキタムラキヨノブ議長のおかしな言動なども併せて配っているそうです。

それを配られた人たちが目を通して、そうですね、松崎って酷いやつですね、キタムラキヨノブさんがかわいそう、だなんて思う人が、いるとでも思っているのでしょうか。

オメデタイですね。

米原市議会のベテランが腑抜けなので誰も首に鈴をつけるやつがいなくて、キタムラキヨノブとツバタアキラ両議員のやりたい放題好き勝手し放題な状態に対して、市民のすべてが呆れていたし、いい加減にしろと思っているところに、ようやく私が一人手を挙げたら、それを集中攻撃的にイジメを行っている、そんな現状を書いたわけですよ。

ブログに目を通す人は市外も含めてですけど数万人しかいませんので、どれだけ市民が含まれているかはわかりませんが、まだ目を通してない方もいらっしゃるとは思います。

そんな中、自らを批判する記事を印刷して広め歩いてくれているということは、ようやく米原市議会の真実だったり現実の姿を広告してくれているわけで、ありがたいですね。

自分の首を締める、とはまさにこのことで、そりゃあ面と向かっている時は清風クラブの人に歯向かうわけなく同調してくれると思いますが、いなくなった途端に改めてブログ記事を読んでもらい、部下なり同僚にも広めてくれるわけです。

さあ、キタムラキヨノブ議長さん、どんどん印刷して配り歩いてくださいな。あなた方が金を出して発行させた清流某の発行部数にはまだまだ足りませんよ。

ってこれまでも清流某を、長浜市と合同の広域事務センター議会でも配っているんですよね。おかげで長浜市議会のみなさんからも応援していただいています。ありがとうございます。

普通に考えたら、議長という職責の人間がそんな恥ずかしいこと、するわけがないじゃないですか。それを率先して行って恥ずかしい姿を米原市民だけでなく他市にも見せているわけで、おかしいですね。

さらに、そもそもなぜこのようなことを書かれなくてはいけないのかというと、清流某のように勝手な妄想で書いているわけでなく、私は米原市議会の中で現実に起こっていることをそのまま書いているだけなのです。

さらに当初から米原市議会の中はおかしなことばかりだと気づいていましたが、まあそれは議員さんにとっても恥ずかしいことだろうから、と敢えて書かずにいたこともたくさんありますが、こうして私に対するイジメがエスカレートしていく中で、なぜ恥ずかしいのかをやっぱり知ってもらわないと理不尽だな、と感じ公開するようにしたわけです。

しかもそれは何も個人的な欲求から来ているわけでなく、米原市議会が機能不全に陥ると、困るのは米原市民なわけです。それはあまりに申し訳ない、そうした思いから、米原市議会のありのままの姿を伝えることにしたのです。

日頃から市民のための活動をしていればここまで書かれることもなかったのでしょうが、私利私欲に走る議員があまりに多く、市民にとってマイナスでしかないので、今後こうした議員を排除していくことが、米原市のためには不可欠です。

一応、時系列で整理でもしておきましょうか。

Q.なぜ今回のようにキタムラキヨノブ議長の恥ずかしい姿を私が書くのか

A.「お葬式ごっこ」だとか、委員会職務放棄といった「税金泥棒」に対処できない議長はその資格がないから

Q.なぜ民主系議員、共産党議員と議長は委員会に参加しないのか

A.私に対して滝本議員を筆頭に不信任決議なる法的根拠のないものを出してしまい、道義的に参加できないから

Q.なぜ不信任決議案を可決したのか

A.政治倫理条例違反ということで委員長辞職勧告が出されたが、勧告に過ぎず、またその審査会が勝手に非公開にされ審議内容が一切不明なままに、議員という市民から付託を受けた職責に制限をかけるのは前代未聞の行為だから。にも関わらず追い込みたいか何か知りませんが、勝手に不信任決議なるものを作り上げて、それにしばられているようです

Q.なぜ政治倫理審査会に引っ張り出されたのか

A.私がキタムラキヨノブ議長の議会内におけるセクハラ言動、パワハラ言動を問題視するブログを書いたが、その中身には触れず使われた新聞報道もされた「ヅラ」「ちっちゃなおっさん」などという表現だけを問題視した言葉狩り行為を行われたから

Q.なぜキタムラキヨノブ議長はセクハラ発言、パワハラ言動をしたのか

A.以前から女性蔑視の発言を繰り返しているし、日本会議に属しているという「自称保守」ながら実際は「隠れ民主」で、最初の選挙には田島一成代議士の応援で当選できたし、今も民主系会派とガッツリ手を組んでいて、元々左翼系であるところに、日本維新の会・次世代の党・日本のこころを大切にする党の若い所属議員が米原市議会に登場し、自分のエセっぷりがバレてしまうのを懸念して、叩き始めた、といったところではないでしょうか。反原発活動にも熱心に取り組んでいるようですので、自民党員の皮をかぶった民進党信者ではないですかね

このように、私が維新に所属したとか、若いとか、そういったことはあなたには関係のないことを、勝手に逆恨みだか何だかして、人を攻撃してくるあたりが左翼系の人間がやる手法ですし、論点も勝手にずらして自分の都合のいい話しかしないのも、左翼の特徴です。

そんなことをアナタに言われる筋合いはない、というものを、ここまで、議会全体を巻き込んだ騒動にしたのは、このキタムラキヨノブ議長ですので、しっかりと自分の尻拭いはしてもらわないと困ります。

はやく議員辞職、しませんか?早くあなたの利権活動と市政を切り離さなくてはいけません。

すべての事の発端は議長だったりおかしな行動をする議員側に原因がある、というにも関わらず、その指摘・批判を私が行うことに対して、自分の行動を棚に上げて人を誹謗中傷するのがおかしい、ってずっと言い続けてます。

あなたがたが奇異な行動をしなければ、米原市議会は問題が生じていなかったのです。

ということで、とりあえずオメデタイ報告でした。

関連写真が特に思いつかないので、先日京都に行った際に取った四条通りの写真でも。歩道を無駄に無意味に拡張して交通が麻痺している様子。何がメリットなのか、100%理解できませんでした。

こうした行政の暴走も、止めないといけませんね。

GxudtEXNJbQ1yK9OMGEg_D8hQHDtFmtn-fAAG4yvVaTZsGZEp5FCzsPXEQ5XO6PIcHhvcr0ttYw5pmI=w2560-h1440-no