後出しジャンケンがまかり通る米原市議会

米原市議の松崎淳です。

6月議会が閉会しました。

あきれた議員の行動に振り回された会期中でしたが、取り急ぎ、議長権限により議事録から削除された文章を掲載します。

うちの畑を荒らして謝りもせず、地域から追いだそうとまでするような人権侵害をする犯人がこのオリテ米原で大きく紹介されているのですが、これは市が犯罪行為を是認して、むしろ応援しているように思えてなりません。元職員という身内には甘いのね、とか、ヨソから移住者を受け入れるつもりは米原市にはまったくありません、と全国に向けて悪い印象をアピールしているのと同じですので、こちらにも毅然とした態度で対応してほしいところです。

この発言を本会議中に行ったのですが、完全になかったこととして扱われることになります。確かに、このブログをご覧になっている方は言わんとしていることがわかるとは思いますが、このことを発言すること自体の是非について議論があるのはわかります。

とはいえそんなことは百も承知で、こちらは体を張って主張すべきはして、市民への説明責任を果たさねばという覚悟を持って、政治家として当然の、発言に責任を持って行ったわけですが、削除する理由を求めても返答せず、しかもタイトルにある通り、後出しジャンケンのように「やっぱやーめた」のようなふざけた対応を取られた次第で、正直、こんな夜中でも眠れないくらいハラワタが煮えくり返っています。

こちらは全て法令や規則といったものを遵守して、意思決定機関で決められたこともしっかり守って行動してるというのに、そういったルールとか常識を無視して、自分の直感だとか到底大人とも思えないような対応をするふざけた人間が、米原市議会には多すぎる、そんなことを痛感し失望したここ1ヶ月でした。

なんなの?レベル低いわ。恥さらしだな。