庁舎位置条例の反対討論

米原市議会議員の松崎淳です。

圧倒的な賛成多数で米原駅東口庁舎案は可決されていると思いますが、その議案に対する反対討論の原稿を、タイマー設定して公開します。

 議案第59号・米原市役所位置設定条例の一部を改正する条例について、まさか私だけになるとは思ってもおらず、最後の一人となってしまいましたが、米原駅東口を庁舎位置とすることの問題点を挙げ、反対の立場で討論いたします。

これまで議論してきた「市民自治センター機能」と、「山東伊吹専門組織」の違いとは

 この6月議会に再提出された議案に伴い、米原市庁舎等整備基本構想も一部見直されました。その内容は、山東・伊吹地域に配慮し、専門の組織を山東庁舎に配置する、というものでした。委員会審議でも確認しましたが、この一言を追加したことで事態が進展しましたが、実質的に庁舎整備の基本方針というものに何ら変更はなく、米原駅東口に立派な庁舎が建設される予定のまま、となっています。

 これまでの長い長い議論の中で、市民自治センターを庁舎の置かれない3地域、伊吹・山東・近江に配置し、市民に不便を極力かけないよう努める旨は説明されてきました。今回の山東・伊吹専門組織を山東庁舎に配置するというのが、これまでの自治センター機能とどのように違うのか、この点に関する議論は次のステップである基本計画策定時まで先送りされ、現時点では何も議論されておりません。これまでどれだけ議論を大切にしてきたのか、それがないがしろにされた、残念な動きと言わざるを得ません。

これまでの「統合庁舎」とは全く異なるのをどう説明するのか

 山東庁舎を活用する案というのも、以前から突如提示されるようになって疑問を感じていました。この議場のある山東庁舎の活用については私も、米原市に不足している美術館・博物館といった文化的機能を集積すればいいという案を出したこともありましたが、福祉分野の組織を集約するという案も執行部から示されて来ていました。それが今回、庁舎機能の一部とする総合支所案が出され、それに執行部が乗っかってしまいました。別の用途で活用することと、庁舎機能として活用するのでは、全然違う大きな差があるのを市民のみなさんは認識されていらっしゃるでしょうか。

 庁舎機能の一部が山東庁舎に配置されるとなると、これまでずっと議論してきた、「統合庁舎」という考えが大きく崩れることになります。4つの庁舎に分散する弊害が大きくなってきたので統合庁舎の議論がこれまで展開されてきました。職員がバラバラでコミュニケーションに課題がある点や、市民の利便性が保てない点、施設の維持管理のコストの問題など、様々な課題・弊害が山積しています。

 もし山東庁舎を今後も庁舎として活用するとなると、実質的に2庁舎方式として、これまでの弊害がこれ以降もずっと残ることになります。1年以上も統合庁舎を前提に議論してきたのに、ここに来て突然2庁舎方式でやります、と言われても納得できませんし、市民への説明もできません。さらに、これまで統合庁舎に賛成されてきた議員の判断根拠も崩れているわけで、そこをどう整理するのか、それも明らかにされないまま進むことは、残念であると言わざるを得ません。

P1010309

整備費用はどうなる、こうした議論がなされてないことが問題である

 整備費用はどうする、結局分庁方式となるので、米原駅東口庁舎は規模を縮小し50億円もかけずに40億円でおさめて、残り10億で山東庁舎を再整備するのでしょうか。4庁方式にかかっていた移動コストや維持費用、これも削減される見込みで動いていたはずですが、この議論もすっ飛ばされて進められています。おかしいです。これをおかしい、と言わずに何をおかしい、と言ったらいいのでしょうか。残念と言わざるを得ません。

いずれ見捨てられる山東伊吹地域対策への懸念

 山東・伊吹地域に配慮する姿勢を示されましたが、果たしてこれもどこまで信用していいものか、疑問が残ります。合併した当初は各庁舎に配置されたセンター長、これは部長級の職員があてられていましたが、今や課長級です。職員の格は関係ない、との答弁を委員会でもらいましたが、市役所・行政は組織で動いています。部長と課長ではどれほどの違いがあるのかは、職員のみなさんの方がご存知ではないでしょうか。

 さらに、地域振興部が設置されて4地域に自治振興課が置かれていましたが、気づいたら米原庁舎に地域振興課という本部機能が置かれ、他の3地域との格差も生まれている、これがこれまでの経緯であり、現状であり、そして今後も容易に予想される姿ではないでしょうか。山東庁舎を活用した山東・伊吹専門組織も、いつ廃止されるかわかりません。2庁舎方式によるデメリットは明らかですので、ものの2年もしたら当初案の通りの自治センター機能に格下げされて、市の南西端に位置する米原駅東口庁舎、一本にまとめられてしまうことでしょう。

もっと丁寧な議論を

 そうなってしまっては、何のためにこれまで議論を執行部と議会とで交わしてきたのか、それでは意味がなくなってしまいます。結局、圧倒的多数による賛成で米原駅東口庁舎案にするだけのための体裁だけ整えたのと一緒です。市民にとって本当に利便性が高くて安心できる庁舎、その姿をこれまで追い求めてきたはずなのに、そんなこれまでの議論が吹っ飛んでしまうような、乱暴な議論の進め方には到底納得できません。米原駅東口庁舎案を通すだけのための詭弁だったと思わざるを得ません。残念です。

タイムリミット、は想定通り?

 去年の9月議会に議案が上程されてから、まさかの2回の継続審議は、時間稼ぎのためだったとは思いたくはありません。今を逃したら次はない、という委員会審議での発言がありましたが、合併特例債の期限が迫って来るのは最初からわかっていたことで、にも関わらず議論を進めることが出来なかったことは、議会にも、執行部にも、大きな責任があると思います。このような事態のまま、市民をないがしろにした展開になってしまったことは、残念で仕方ありません。

庁舎を宿場町構想の人質にしてはいけない

 前回の3月議会でも触れましたが、宿場町構想と庁舎が一体であるとすることの問題点も引き続き残り、さらに大きくなっています。プロジェクトを推進されてる方の主要実績である東京・大森のダイシン百貨店の建て直しですが、先月、閉店してしまいました。その方はうまいこと売り抜けたが私たちは見捨てられた、と店の従業員や関係者からの悲鳴が上がってきています。

 米原市でも同様のことが起こりかねません。

 宿場町構想という大風呂敷を広げたはいいけど過大な計画で結局うまくいかず、米原駅東口に明るい廃墟だけ残されて、その隣に立派な新庁舎が建っている、そんな情けない姿も容易に想像されます。責任を明確にするためにも庁舎位置とは切り離して、かつ出資金という対応も可能なはずです。この辺りの想定が不十分なまま進められることにも、懸念を抱かざるを得ません。

DSC01741

市長の姿勢への疑問

 市長は再当選以降、様々な公約の実現のために動いて来られました。私も応援してきた子供の医療費や保育料無料化もありましたし、報酬カットによるお茶の間創造事業、おうみ認定こども園の見直し、それ以外の様々な提案に対しても、議会として正面から向き合い議論を重ね、市民にとってよりよい市にする、という共通目標に向かって是々非々でこれまで取り組んできました。

 しかし今回の庁舎問題、これに関しては残念としか言えないような経過をたどってきました。職員のみなさんが散々努力されてきたことは承知していますが、それが何のための努力だったのか、それがわからなくなるくらいの、市民から見てもわかりにくい問題だったのではないでしょうか。

 誰がどのように責任を取るのか、それが曖昧なまま進められてしまったことに強い懸念を表明するとともに、結局のところ、次世代に負担を残すだけのことになりかねない、このことを大いに心配しております。

住民投票で最終決着を

 やはりここは、市民の声を今一度確認して欲しいと願います。住民投票条例、これに対する疑念が大きいのは承知していますが、これをぜひ活用して、庁舎位置はどうするのか、どれだけのお金を投じるのか、そうしたことを市民に確認した上で庁舎問題に向き合うことが、今後50年100年と続くであろう市の姿の在り方を、真に捉えることになると思います。

後世につけを残さない政治

 国からの交付税が大きく減少することが確実な情勢の中で、それに正面から取り組むことが政治にも行政にも求められている中で、この庁舎問題を筆頭におかしくなってしまっている現状、これも確認してもらうといいでしょう。これまでのバラマキ型の市政のままでいいのか、それともしっかりと先を見すえた政策に転換すべきなのか、その大きな岐路が、この庁舎問題ではないかと捉えています。

 この期に及んで他の議員さんに意思をひるがえして反対して欲しいとお願いするのも野暮ですし、私一人の必死の抵抗になるかもしれませんが、市民の多くの声を代表して、今回の庁舎位置の設定に反対することを表明し、反対討論といたします。

幸か不幸か、与党議員ではない議員生活を当選以降送ってきたので、是々非々で議論するという経験を重ねることができました。

議案に対して反対するにあたっては、反対する根拠をまとめ、出来る限り対案というものを示し、より前向きに進めることができるようにしてきたつもりです。

今回の庁舎位置問題についても、1年以上に渡って議論を重ねてきて、河南庁舎案というのも示しました。そもそもの議案に対する反対理由も、上述の通りまとめました。

それに比べると、与党議員の人達は、どれだけ楽なんだろうな、と思いました。市長が言うこと、行政が言うことに間違いがあるはずないんだから、自分は賛成する。

その根拠を問えば、自分の意思といったものがないことに気づくでしょう。

なんでも反対、はどうかと思いますが、何でも賛成、というのもどうなんでしょ。頑張ります!とか言ってれば済むんですから、どれだけ楽なことか。


なぜ私は折れないのか

こんばんは、米原市議会議員の松崎淳です。

今日の総務教育常任委員会で混乱を起こされ、多分新聞報道もされるだろう、ということなので、こちら側の主張も予め掲載しておきます。

ってこういうケースが続いてしまって申し訳なく思っていますが、最近もわけのわからないようなおかしな不可思議な出来事が米原市議会、そして今度は米原市役所でも発生してきているので、あまりに書かなくてはいけないことが多すぎて逆に面倒くさくなり放置、と悪循環に陥っていましたが、またここで一区切りとしたいと思います。

さて、今回は写真から。先日車を走らせていたら、前に面白い車がありました。群馬ナンバーを見かけることはそう滅多になく、中京地区と敦賀港を結ぶしたみちなので北海道系とかはたまに見ることはあるのですが、珍しかったので写真に収めてみました。

【群馬ナンバー】
DSC03929

ちなみに、この辺の人には、北関東の区別がつかない、とよく言われます。グンマー、栃木、茨城の3県のことですが、実は東京に住んでても知らない人は知らなかったりします。私は地理受験者(入試で社会の科目として日本史、世界史ではなくマイナーな地理を選択した)だったので47都道府県くらいは言えるので平気ですが、以前流行ったラーメンズのflash動画で千葉滋賀佐賀と動画が名付けられるくらいで、滋賀に移り住むと言ったら、あの千葉滋賀佐賀か、と言われたこともあったくらいです。全然関係ありませんが、ベイシアやカインズホームはグンマーです。

で、Maruka Food Product、まるか食品と言ってもこれもよくわからないかもしれませんが、ご存知、ペヤングの会社です。あの、ペヤング、です。

【ペヤング満載】
DSC03930

【辛い系は苦手でしたが、そばのペヤングは好きでした】
DSC03931

【都道府県別「好きなカップ焼きそば」調査結果! ペヤングとUFOの境界線は?】
http://j-town.net/tokyo/research/results/198255.html

これも西日本の人にはあまり馴染みがないブランドのようで、それを知った時にはカルチャーギャップを味わったものですが、確かに、美味しいのはどれかと言われたら、UFOだと思います。

でも、どれが馴染みか、どれがカップ焼きそばか、と聞かれたら、やっぱりペヤングと答えるでしょう。こればかりは、生まれ育った味なので、どうしようもないと思います。砂浜やシンクに落としてしまい泣いた過去も含めて、それが染みこんでしまった味覚ですから。

レトルトカレーでも、最近ボンカレーを買うようになりました。グルメ系レトルトも食べますが、ボンカレーに戻ると、やっぱりこれが原点の味だったりします。ちなみに一番好きなのは、トップバリュのタスマニアビーフカレーです。

子供の頃の体験って関係ないのかも、って思ってて、以前JALでディズニー系塗装機をやってた時に、そんな将来投資よりも目先のお客様のサービス改善が先だろ、と思ってもいましたが、最近になってこの味覚の原点回帰を感じると、子供時分に投資しておくのも、決して遠い話ではないのかも、と感じるようになりました。

こういうどうでもいい話を書いてるときは、気が紛れるんですけどね。そろそろ、本題に入ります。

この前の記事を書いたのが5/25、わずか2週間前なんですね。もっともっと時間が経過したかのように感じます。それだけ、色んなことがありました。

まず、会派を離脱しました。それを発表した日に庁舎特別委があって、これまでの議論とかが完全にブッ飛ぶ2庁舎案が出されそれも新聞報道されてましたが、それよりも私の会派離脱の件の方が大きく掲載されていたのが、意外でした。そんなに私のニュースがバリュー高いんですかね。

会派離脱の理由として、「会派に迷惑をかけられないから」と説明はしましたが、実際のところは、これ以上松崎を守り切れない、かばいきれない、ということで実質的に追い出されたようなものです。なので、「会派が迷惑被るのが嫌なので出ざるを得ませんでした」ってのが的確な表現でしょうか。

これでも守ってくれる議員さんもいるのは嬉しかったですが、そうではなく、追いだそうとされたことにはガッカリしましたね。この騒動が始まった時に、会派に対して迷惑ならいつでも辞めます、守ってくれなくても構わない、これは私が始めた戦いなので、積極的に賛同してくれなくてもいい、でも、敵にだけはならないで下さい、という説明とお願いをしていました。

ところがどうでしょう、同じ会派なのに、守ってくれなくてもいいとは言いましたが、後ろから鉄砲玉打ち込んでくれとは頼んでいませんでした。もうガンガン打ち込まれましたね。

ということで、久しぶりの無会派に復帰。変なしがらみから再び解き放たれたので、ある意味動きやすくなりました。会派主義を謳う米原市議会での不都合も戻ってきましたが。

会派離脱の件は、5/25の午前・午後の話で、5/26に報道されました。以上。

続いて5/27の本会議開催日。私が政治倫理審査会というもので委員長辞職勧告を出され、辞めることをオススメしますと言われたのでお断りします、と新聞取材に答え報道されたのを受け、今度は委員会で私に対する不信任決議案が提出される、という噂を耳にしていました。

不信任決議案、先日も国会で野党から、っていうと語弊が大きすぎるので明確にしておきたいと思いますが、野党とは与党ではない政党で、いま一部マスゴミが必死に応援している野党とは、民共合作系の野合連合のことです。

野党の中には、政権には就いていないものの、しっかりと国の行く末を考え行動している政党もちゃんと存在していて、私の所属する日本のこころを大切にする党と離れた維新、うちの日本のこころや、元気会なんかも、内閣不信任決議案には反対をしています。何でも反対、としか言えないのが野党ではない、と強調したいところです。

で、この不信任決議というもの、これは非常に重みのあるもので、国会においては国会における内閣を認めないとするものなので、この決議案が提出された以降、それを提出した政党の議員は一切の審議等を拒否します。そりゃそうですよね、認めないと言ったのに、その後に平気な顔していられるはずもありませんから。

米原市議会においても、まずは本会議終了後の議会広報特別委員会において、委員長である私に対する不信任決議案が提出されました。

問題が大きくなりすぎてしまうので、まずはいきなり本会議で委員長不信任決議案でも出されるのかと想定してましたが、それは外れました。

これに関して私が予想してたのは、出されるのは当然、これもおかしな話で、政治倫理審査会が辞職勧告、すなわち辞職を勧めるというレベルであるにも関わらず、それをも上回る、お前が辞めないと許さないぞ、と条例で定められた内容以上のものを強要しようとするものだからです。

首長、市長に対する不信任決議案については条例や上位法での定めがあるので法的根拠に基づく行為ですが、委員長に対する不信任決議というのはその根拠となる法令が存在せず、一種のパフォーマンスでもあります。

私が憎い、ただそれだけで動いている米原市議会の議長系・市長系の議員からすれば、辞職勧告だけじゃ私が辞めず、腹の虫がおさまらない、だから次の手として不信任決議案を出すだろう、ということは容易に想像できることです。

で、先に書きましたが、パフォーマンスとは言え、相当の重みのあるものであり、すなわち私への辞任「勧告」ではなく、辞任「要求」になるので、辞めろと突きつけた以上、辞めなかった場合は、私が招集する委員会には金輪際参加できなくなる、それだけの重みのあるものです。

国会では万年野党がいつも内閣不信任決議をパフォーマンスで提出しているのに、その次の国会が開会されたら、そんなことはなかったかのごとくシレッと国会審議に戻っているのを見ると、不信任決議の効力というものはその会期中のみに適用されるのかな、と思ってました。

しかし国会では裏でシャンシャンがあり、与党として強行採決の印象を持たれるのを避けるために、野党が審議に戻れるような手筈を整えているので、平気な顔して審議に戻れるのです。

じゃあ米原市議会では、となると、立場が全く逆なんです。私は野党の立場になります。与党である議長系・市長系からすれば数の力で不信任決議案というものを可決まで持っていくことが可能になります。実際、私に対する広報特別委の不信任決議案は賛成多数で可決されました。

参考までに、広報特別委には委員長の私、副委員長の澤井議員と、議長会派の鍔田議員、市長会派の山本議員、いつもは弱きの味方のはずの共産党の太田議員、そして私が2日前まで所属していた野党会派の中川松雄議員と北村喜代隆議員の、合計7名が所属しています。

私に対する議案なので審議には参加できず私は退室し、副委員長に采配を委託し、鍔田議員から不信任決議案の動議が提出されました。辞職する動議、と言ってましたが意味不明です。委員会室には6名の議員が残り、委員長役の澤井副委員長は採決に加われないので、鍔田議員、山本議員、そして強きの味方となった共産党の太田議員の3名が不信任決議案に賛成、中川松雄議員と北村喜代隆議員の2名は反対となり、3対2で私に対する不信任決議案は可決されました。

可決されたとの報告を受け、私は委員長に戻りました。

不信任決議案に法的拘束力がないというのも理由の一つですが、これまでもずっと述べてきました通り、今回の騒動、異常事態は北村喜代信議長(北村喜代隆副議長とは別人ですよ)が引き起こしたものであり、議会外の私のブログに記載されたことを敢えて議会内の騒動に持ち込み、政治倫理審査会まで開かせた事態です。

ブログの内容は米原市議会における議長の異常行動、そしてそれに同調する一部の市議会議員を批判する内容であるにも関わらず、その本旨には全く触れず、文章の表現のうち言葉尻だけを捉えた言葉狩りに終始し、私が議論をするために議長の問題行動に対する意見提起を行ったにも関わらず、それを認めたり否定したりすることも全く無く、何事もなかったかの如く言葉狩りだけを繰り返す有り様。

さらに政治倫理審査会においては、個人情報保護を名目に、すべての審議経過などが非公開と後から指定し、どのような議論がなされたのかが完全に隠蔽された中で出されたのが、私に対する委員長辞任勧告、ということになり、この議論を隠蔽する行為も、北村喜代信議長がこれまでも繰り返し続けてきた異常行動の一つであり、こうした経緯を踏まえ、到底受け入れられるものではない、との判断にこれまでの私の行動は基づいています。

委員長席に戻ると、まずいきなり職務出席の議長が退室しました。議会の議長とは、その名の通り、議会の長です。議会の代表です。中立公正な立場から議会を率いるべき存在です。

そうそう、これまで触れてなかったと思いますが、今の議長の前は、竹中議長でした。竹中議員が議長時代に取った行動のうち、議場における私の発言が他人のプライバシーを侵害する「かもしれない」とのことで議事録から削除されたことがありました。

この件に関しては未だ理解できず理不尽な措置であったと思ってますが、これに関しても今の北村喜代信議長がギャーギャー吠えてきてたのを思い出します。はい、議長選よりだいぶ前から、私のブログに対して一方的に批判したり議会内で中傷されていたんです。

といった一件があったことを除くと、竹中議長に対しては非常に申し訳ない思いで一杯です。というのも、そもそも竹中議長が議長に就任したのも、保守系議員による「いじめ」と受け取られてもおかしくない経緯だったからです。

これは確か説明してたと思いますが、新人議員7名だけの市長会派と共産党3名が結託して、保守系議長のもとで数の論理で押し切られてきた、という経緯があります。議長は採決に加わらないので、議場の19名の票で採決が決まるのですが、市長会派7名と共産党3名の合計10名が組むと、保守系も本来は10名いるので拮抗してるはずが議長に1名送り出しているため、議場には9名分の票しか存在せず、10対9で数多くの議案や意見書などが強行採決、ですね、野党の立場からしたら、され続けてきたのです。

それに腹を立てた保守系議員が対抗策として打ち出したのが、市長会派は7名の最大会派でもあり(保守系は6名の創政クラブと、今の議長会派の3名、それに当時は次世代の党だったかな?の私1名、で保守系は最大会派ではなかった)、最大会派から議長を出すのは議会として一般的なことである、として議長選で票をまとめて、竹中議員を議長に選出しました。

そりゃ、無理ですよ。その1年前に初当選したばかりの新人議員ですから。そんなのに無理やり議長職を押し付けて10対9を、9対10の構図に逆転させた、そんな経緯が以前ありましたが、結局前川の乱などもあって構図の逆転には失敗続きだったんですけどね。

勝手な推測ですが、竹中前議長にはその職責の重さから相当のストレスがかかっていたと思いますし、現に入院までされてしまったのはそのためであろうと思い、それで申し訳なく感じている次第です。

とまあ、議長職というものの説明で少し脱線、毎度のことですがしてしまいましたが戻って、議長とは中立公正、と北村喜代信議長や滝本議員、鍔田議員は散々主張されたので、竹中議長は議長の任期中に、会派を離脱され、会派に属さずに中立公正な立場から議長職に務められました。時同じくして当時の前川副議長も会派を離脱されましたが、これは実は別で、前川の乱の責任を取らされた、というものなので区別は必要です。

こうした背景があるにも関わらず、平尾市長による強行採決もそろそろ収まってきただろう、であれば、議長という名誉職に俄然と意欲を出し始めた人が出て来たわけです。それが今の北村喜代信議長。

あれだけ中立公正と竹中議長に言ってたのであれば、自らが率先して会派を離脱すべきだと思っていたのですが、まあこれまでの経過からも明らかでしょう、他人に厳しく、自分に甘くの北村喜代信議長のお得意の行動です、会派離脱はおろか、中立公正という言葉もどこ吹く風、天上天下唯我独尊、議長になると同時にやりたい放題が始まった、というわけです。

どうして北村喜代信議員が議長になれたのか、これもついでなので書いておきましょう。

と思いましたが、長くなりそうなのでこれはまた後日。簡単に言っておくと、米原駅東口庁舎案に反対してた議員の先頭にいたはずの議長が、議長職に就きたいがために、米原駅東口庁舎を実現するのが平尾市長の最大の目標であり、それに盲目的に従うだけの市長会派7名と手を組み、議長会派3名と併せて10票、これで議長になれました。

市長会派と手を組むためには、持論だった近江庁舎、まあ近江地域出身なので何かと、色々と、あんなことやこんなことで、まあとにかく、好都合なのでしょう、これを捨て、あれだけ反対していた米原駅東口にあっさりと擦り寄っていった、まあ節操なしとはこのことでしょう。

そのための怪しい会合が多分ですけど、10/28の夜に米原市役所山東庁舎で開催されていたようです。会派の視察の終わりに夜もだいぶ遅い時間に山東庁舎に寄ったのですが、なぜか私服の平尾市長と階段ですれ違いまして、やけに気まずそうな顔をするな、という印象だけでしたが、後で考えてみると多分、この時だったんだろうな、と気づきました。

その後の10/31のS・Cプラザで開催された天の川ふれあいフェスタでゴニョゴニョゴニョ…。

米原駅東口庁舎を実現するためには、反対する議員を徹底的にやっつける、それが議長と市長の共通目標となり、まずは別の議員を対象に攻撃をしかけ、それにおかしいと噛み付いた私に対して攻撃の矛先を変更し、今日に至る、そんなところでしょうか。

毎度のようにやたら寄り道ばかりしていますが、広報特別委に戻ります。

中立公正のはずの議長がなぜか先に退室し、続いて鍔田議員が退室。さすがベテラン議員だけあって、不信任決議案の提出がすなわち、委員会審議に金輪際参加できないことをご存知だったのでしょう、去り際としては見事でした。

なぜか不信任に賛成された残りの2名の委員がそのまま座り続けていたので、私が促しました。私に対する不信任決議が可決され、提出者の鍔田委員が退席されました。とまで言ってようやく山本議員が立ち上がりました。

続いて共産党の太田議員。えっ、えっ、といった戸惑った表情でした。そうです、不信任決議とは、とりあえず賛成、とかそういう次元の話ではないのです。議会議員として、この場に居続けることは、絶対にしてはならないことなのです。それだけの重みのある行動なのです。軽率だったのかもしれませんが、そのようなことは決して許されることではありません。そしてようやく太田議員も退室されました。

広報特別委には結局、委員長の私、採決に加わらなかった澤井副委員長と、中川松雄委員と、北村喜代隆委員(繰り返しますが、私に執拗な攻撃をしてきている北村喜代信議長とは全く異なる、むしろ私を擁護する立場にいてくださるありがたい方です)の4名が残り、7名中過半数の4名出席ということで、定足数に達しているので、引き続き広報特別委を開催しました。4名で議会だよりの校正など全てを担当することにしました。

退席された委員さん3名は、職務放棄されたことになります。

議会議員としての見せ場である一般質問に鍔田議員と山本議員は参加されなかったので、相当楽な6月議会になったんだろうと思います。午前中だけで終わる所属常任委員会の審議に参加するだけですからね。

ついでに書いておくと、この6月定例会でも、米原市議会では恥ずべき事態が起きています。一般質問に参加する議員が僅か7名のみで、たった1日で一般質問の日程が終了してしまいました。

こんなことは、他の全国の自治体を見ても、ありえない事態です。20名の議員のうち、議長が一般質問しないのは仕方ないとして、それに同じく中立公正な立場の副議長、そして議会選出の監査委員の3名が一般質問しないのは他でもあることですが、それを除く17名中、7名しかやらない、率で言うと41%の参加率でしかないのです。議長他3名も質問できなくはないので、それを含めると35%しかありません。

この6月議会の情報がまだ開会してなかったりネットに掲載されていないケースもあるので、まずは3月議会で滋賀県内の他の市議会を見てみます。

1.甲賀市議会:27名:代表質問・一般質問24名:参加率89%
2.彦根市議会:24名:代表質問・個人質問21名:参加率88%
2.東近江市議会:24名:代表質問・一般質問21名:参加率88%
4.草津市議会:24名:代表質問・一般質問20名:参加率83%
4.栗東市議会:18名:代表質問・個人質問15名:参加率83%
4.湖南市議会:18名:代表質問・一般質問15名:参加率83%
7.守山市議会:22名:代表質問・個人質問18名:参加率82%
8.近江八幡市議会:24名:代表質問・個人質問18名:参加率75%
8.米原市議会:20名:代表質問・一般質問15名:参加率75%★★★
10.長浜市議会:26名:個人一般質問19名:参加率73%
11.大津市議会:38名:代表質問・一般質問26名:参加率68%
11.高島市議会:19名:代表質問・一般質問13名:参加率68%
13.野洲市議会:19名:代表質問・一般質問12名:参加率63%

3月議会は一般的に予算案も提出されるし、市長の施政方針演説もあるし、ということで参加率は全般的に高め、でも米原市は下位です。

じゃあ、その前の12月議会は?

1.東近江市議会:24名:一般質問21名:参加率88%
1.草津市議会:24名:一般質問21名:参加率88%
3.高島市議会:19名:一般質問16名:参加率84%
4.彦根市議会:24名:個人質問20名:参加率83%
5.甲賀市議会:27名:一般質問22名:参加率81%
6.長浜市議会:26名:個人一般質問21名:参加率81%
7.湖南市議会:18名:一般質問14名:参加率78%
8.守山市議会:22名:個人質問16名:参加率73%
9.栗東市議会:18名:個人質問13名:参加率72%
10.近江八幡市議会:24名:個人質問17名:参加率71%
11.野洲市議会:19名:一般質問12名:参加率63%
12.大津市議会:38名:一般質問23名:参加率61%
13.米原市議会:20名:一般質問7名:参加率35%★★★

米原市議会は、滋賀県でブッチギリでダントツの最下位でした。去年の12月議会は米原市議会始まって以来の少なさで1日で終わってしまった異例な事態だと思ってたのですが、今回の6月議会もまさかの低参加率で、おそらく今回も断トツのビリでしょう。他の市議会も多少の上下はあるものの、3月議会という特別な時期だからというわけでなく、全般的に、本来は高い数字が出てくるはずなんです。

一般質問というのをするのが当たり前であるはずの議会において、それもせずに、さらに不信任決議まで出して委員長が辞めないからといって審議拒否までする。そりゃあ、米原市議会議員なんて、相当、楽なんじゃないですかね。

私ですら、こんな状況に追い込まれているにも関わらず、何事もなかったかのごとく一般質問には参加してます。庁舎問題に関しては反市長派の旗色を一番濃くしたこともあってか、ゼロ回答ももらい、私の発言時間としては制限時間一杯の30分を1分のみ残して使い切りましたが、執行部側の答弁もあっさり単調なものばかりだったので、いつもなら1時間以上かかるところが40分あまりしかかからず、いかに薄い答弁だったのかも、反市長派議員ならではですね。

こういうことを書いていると、自分は秀でていて、他の同僚議員は劣ってる、みたいに受け取られてしまうんでしょうか。こんなの、秀でてる云々じゃないですよね。やるかやらないか。やるのが当然のことをやってるだけですから。

そりゃあベテラン議員さんにもなれば、一般質問みたいなイベントショーなんかやらなくとも、市職員に対して「よろしく頼むわ」の一言であらゆることが解決できるので、むしろそっちの方が議員としての仕事をしている、ことになるのかもしれません。

しかし私がこだわっているのが、議会の透明性を上げるということ。よろしく、では何がどう行われているのかが見えず、果たしてその行動や仕事が本当に適正なものなのかが判断できないと思います。正義感あふれる議員では決してないので、全部を透明にしろ、とは言いませんが、隠しすぎるのもさすがにいかがか、と思ってます。

それに後は選挙の地盤だか基盤ですかね、他の議員さんは地域密着型で、地元要望をガンガン推進していますが、私はそういうのはあまりしてません。オラが集落に道路を、電灯を、って時代じゃないですし、4町が合併して1市になって10年も経ってますし、狭い地域に対する施策が果たして、市全体を眺めた時に適切なのかどうかが分かりにくくなるので、敢えて避けるようにしています。

そもそも地元要望は各自治会長さんが毎年市に対して挙げているものですが、その優先順位というのは市側で合理的な判断に基いて決定されるべきだと考えます。そこに横槍を入れられるのが、議員という立場です。議員は、自治会の代表ではなく、市民の代表、とされていますから。

市民の代表がこの集落や地域に対する案件を優先しろ、と言ってるのなら、それは市民全体の意見でもあるので優先順位を上げるか、そんな判断基準になっている気がして、それはマズイでしょう、と思う次第です。

この話にはさらに上回ることが米原市議会にはあって、この自治会長に議員が大勢なっているのです。自治会長として地域の要望をまとめ上げて、それを議員として横ヤリを入れて優先順位を上げる。そんなことはさすがに議員としてのモラルであったり、政治倫理ってやつですかね、どっかで聞いたこともありますが、それに引っかかると思うので当然これまでも現在も自治会長をしている議員さんはしてないと、一応思ってます。

ただ、そういう疑惑の念を抱かれてしまっても、それは仕方ないです。だって、そういうのができる立場に議員はいるわけですから。いわば権力者です。

そうした権力者の横暴を許さないために、米原市議会では議員政治倫理条例を制定した、はず、なんです。最近野合連合の人たちが言ってる立憲主義だって、権力者たる国を縛るためのものが憲法、なんですよね。

その政治倫理条例を、特定の議員だけが引っかかるように改定したり、言葉狩りをして引っ掛けてみたり、そんなことが米原市議会では行われてしまっているんです。権力を持つ自覚があるなら、そのようなことは到底できないはずですが、その自制が外れてしまったのか、最初からそんなものは持っていなかったのか、それが今の北村喜代信議長と、その一味、そしてそれを盲目的に支える市長会派なんです。

それに噛みつく私は、そりゃあ叩きのめしたくなりますよね。だって、身内だと思ってた会派の人からですら、鉄砲玉をガンガン打ち込まれるくらいですから。出る杭は打たれると言いますが、打たれるどころか叩き潰してひねり出して、政治生命を抹殺しようとまでしていて、それを受けているのが、私の現状です。

権力者の例として、議員が就くべきではないものとは、それは市のお金が関わるものすべてなんじゃないですかね。政治倫理条例を改定する際に言われていた美辞麗句をそのまま活かすのであれば。自治会長にならないのは当然ですし、補助金を受けている団体についてもすべてそうでしょう。農林水産業の補助金だって含まれますよ、これは県や国のお金だから、という中途半端な逃げ道は設けず、クリーンな米原市議会を目指すって言い切ってるんだったら、そうしたどっかの理事長のように団体の長に就いたり、指定管理者を受けたり、してはならない、そういう自覚があるはずなんです。

議員として審査する立場にあるんです。当事者だから退室させられることがあるのであれば、自らが自分の所属する団体に有利に働くような質疑や要望を執行部に対して行うのは、アリなんですか。そんなの、無茶苦茶だと思います。

議長だけじゃなく、米原市議会もおかしい、と言ってるのはまさにここで、自分が普段言ってることと、自分が実際にやってることとが、全然違う、そこがおかしいと言ってるんです。

キレイ事を散々並べたんだったら、じゃあ本当に自分の身辺をキレイにしたらいいんじゃないですか。私がキレイ事を並べているのでは決してなくて、キレイ事を議会内で言う人たちがいて、全然違うことをしているので私はそれを指摘しているまでのことなんです。

こういうことを私が言うもんだから、邪魔で目障りな存在なんでしょう。でも、ここまで酷い状況なのであれば、市民に対してそれを説明しないこと自体が罪のある行為になってしまいます。

だから、私は負けられないですし、負けずになんとかやってられるんです。

そりゃあ急に高熱でも出して休んだりすれば、自分も一瞬ですが楽になれますし、議案審査だってできるし、市民に迷惑がかからない、一見するときれいに丸く収まるのかもしれません。でもそうしてしまったら、何も結局は変わらないんです。

私だけが一人どんちゃん騒ぎしてたのが収拾がついた、というだけであって、本当の意味で市民のためにならないんです。なので先月来ずっと風邪気味で体調不良なのは事実ですが、今日の総務教育常任委員会にも出席したんです。

総務教育常任委員会でも先の広報特別委と同様、不信任決議案が動議として滝本議員より提出され、私は退室しました。残った吉田副委員長に委員長職を託し、議長会派の滝本委員、市長会派の竹中委員と中川雅史委員、強きの味方共産党の藤田委員、そして私がかつて所属した野党会派の的場委員、この6名で不信任決議案が審議されたそうです。

吉田副委員長は委員長職なので採決に加わらず、同じ会派だったはずの的場委員は不信任決議案に反対するのではなく退席、そして他の4名の委員の総員賛成で、私に対する不信任決議案は可決されました。

広報特別委と同様私は委員長席に戻りました。一旦副委員長に別室で経緯を説明してもらいましたが、これも今までと同じ内容で、私のこれまでの主張に対し反論するでもなく賛成するでもなく、何もなかったかのような説明が繰り返されました。付け加えるとすると、私が会派に迷惑をかけられないから、という新聞報道にあった主張のように、委員会にも迷惑をかけるので身を引くように、といった説明がありましたが、ここは違います。

会派に迷惑をかけられない、のではなく、会派が迷惑をかかるので出て行ってくれと言われたので自発的に離脱する形にしたのです。いわば、会派内における不信任決議ですよね。これも拒否することは出来ましたが、ここまで同じ会派でいてくれたこともあり、自発的離脱という形にしました。

じゃあ委員長職も、委員会のみならず議案審査が出来ないから市民にまで迷惑をかけることになる、と言われるかもしれません。しかしここは委員会でも新聞記者さんたちにも説明しましたが、このすべての混乱の原因を作ったのは、北村喜代信議長なんです。

議会の外でこうしてブログという形で発言しているものを、それが気に食わないか何かで、敢えて議会の中に問題を持ち込んだのは、総務委員会で不信任決議案を動議提出した滝本議員であり、同じ会派の議長でもあるのです。

議会内に勝手に騒動を持ち込んで騒ぎを大きくし、挙げ句の果てには問題の発端は私であるかのごとき主張を繰り広げ、清流時報なるもので一方的な主張を米原市全域にまで撒き散らし、私を追い詰めることに終始意気込んでいるのが、この議長なんです。

政治倫理審査会の報告の記者会見を議長が行った際も、その時点で既に不信任決議案を提出すると説明もされています。これを出すことによる混乱が生じることは、議長のシナリオ通りなわけです。さらに、広報特別委でも同様の動きがあり、私が辞任しないことも当然予測できた立場にいるのも議長です。

議長は議会をまとめるべき存在であるにも関わらず、その職務を放棄し、私に対するあらゆる攻撃の指揮を取っているのが議長なのであれば、その混乱によって生じた被害というものの責任を取るべきなのも、議長です。

この事態をどう収拾するのか、それは既に議長に委ねられています。議長としては私にその責任を押し付けて解決しようとされているのかもしれませんが、議長という職責は、そんな自己都合ばかりで使えるものではありません。

不信任決議案の審査中、委員会室を退出したら、執行部のみなさんが待機されてたので一言だけお詫びを申し上げました。私事ではありませんが、こうした事態になったことでこれまで職員のみなさんが準備されてきたことや、今日の審議時間というものがなくなってしまい申し訳ありません、と。一応想定として本会議最終日で全員で審議するなどの対処はしているようなので完全に無駄になることはないと思いますが、しかし今回の騒動については、米原市議会内で起きている問題を解決するためでもあるし、さらに市長までもがおかしな動きを見せるようになっている中で、私も同じく市民を代表する立場にいますので、市民のための政治を実現するための動きであることはご理解願いたい、確かこんなことを言ったはずです。

そりゃあ自分でも相当自覚してます。どれだけ大きな問題になってしまっているのか。ここで自分一人が負ければ事を荒立てずに済むと、追い詰められてそこまで考えたことだってあります。

しかしここで負けてしまえば、議長や市長の横暴がとどまることなく続き、そのこと自体が市民にとって最終的に迷をかけることである、ということでなんとか踏みとどまっています。

と、ここまでが序論で、昨日の滋賀夕刊でも取り上げられた「怪文書」についてであったり、「利権とは?」といったところに入るつもりでしたが、残念ながらパワー切れです。

怪文書は全ての議員に対して送られたようで、米原市内でも一部地域から徐々に広がりながら配布されているようです。

【怪文書】
kaibunsho1
kaibunsho2

手紙も同封されていましたが、実はこの手紙は事前にメールでももらってました。政治倫理審査会の記者発表があって新聞報道がされた後だと思います。こうした手紙を議会事務局長宛に送ったので、届いたかどうか確認してほしい、とのことでした。

そのことを全員協議会で確認したところ、政治倫理審査会とは関係ないにも関わらず、これまでもが秘密とし、非公開と議長にされてしまいました。

【手紙】
tegami1

こうした資料が各議員には5/27頃に届けられたようです。こうした文書を目にしているにも関わらず、市長会派などの議員は、相変わらず私だけが悪い、との主張に立たれています。

まあそうでしょうね。もし議長に逆らえば、政治生命を脅かされるどころか、住んでいる家を市役所と一緒になって追い出されそうになるくらい本物の生命の危機に陥れられてしまうのを間近で私の事例を見ているので、正悪の判断すらつかないのでしょう。自分のかわいさのあまり、市民の代表である議員であるということを忘れ去り、市民のための政治というものを放棄されてしまうのでしょう。

怪文書については、調査の結果、色々と新たなことが分かり始めてますので、また追って報告いたします。

あ、ちなみに、これを私が作ったという説も勝手に流されていますが、残念ながら私が作ったり配ったりしているものではありません。私にも美意識というのがあって、こういう体裁のものは私には作れません。私が作ったら、もっと読み物としての形を整えたものになっています。

私一人が米原市議会の、米原市政のおかしなところを指摘している姿を見て、それに共感してくださっている方が出て来てくれたんだと思います。

そもそも反対の声を上げる人というのは声が大きく、一方で賛成する人は声を荒げて賛成!ということは少なく、私に対しても相変わらず匿名で批判する手紙が送り付けられてきたりもしてますが、米原市民のみなさんも、市外の多くの方々にも、このブログに目を通していただいていれば正しく事態を理解し把握していただいていますので、ノイジーマイノリティーに政治や行政が犯されてしまうと危険な状態になる、ということがだいぶお分かりいただけたかと思います。

私が米原のことをブログに悪く書く、とも言われていますが、悪いことをしているから書かれているのであって、これも順番が勝手に逆にされてますよね。

今回の件があるのでだいぶ居心地は悪くなってしまっていますが、悪いのは一部であって、それ以外の善良な人達は勝手に付け込まれて誤った情報を流されてしまうので影響されがちではありますが、ちゃんと理解してくださっていることに対し、感謝したいと思います。ありがとうございます。

最後に一つだけ、一昨日の産業建設常任委員会の際に、朝委員会室に着こうとしたところ北村喜代信議長がエレベーターから降りてきてすれ違いました。そしてすれ違いざまに腕を強くぶつけてきました。

いちいち関わるのも面倒くさいので無視したら、後ろから「おい松崎、てめえわざとぶつかってきたのか」と呼び捨てで怒鳴り声が。

おお、こわっ、893か。

って893に失礼ですね、チンピラかよ。