ジャスコ来たる!

米原市議会議員の松崎淳です。

すっかり選挙モードの昨今です。街宣車をもう2回見かけました。彦根の国道8号沿い(マックらへん)と、長浜の8号沿い(アルプラ付近)。

ところで、当滋賀2区から立候補を予定されていると噂されている、田島一成さん。ツイッターで報告されていました。2年間も更新されてなかったので、あれ?フォローしてたっけ?と一瞬戸惑いましたが。

【田島一成さんツイッター】
https://twitter.com/tajimaissei

【田島一成さんツイッター画面キャプチャー】
2014-11-28_081608
https://twitter.com/tajimaisseiより引用

ふむふむ、タスキにしっかりと名前が書かれているので、田島一成さん本人で間違いないでしょう。

な、なんとっ!ジャスコ岡田さんが長浜と米原に来てたみたいです!!

【JUSCO岡田と田島一成@長浜市役所前の画面キャプチャー】
2014-11-28_080958
https://twitter.com/tajimaisseiより引用

【JUSCO岡田と田島一成&県議会議員のポスターが最近貼られている隅田さん?】
2014-11-28_080931
https://twitter.com/tajimaisseiより引用

米原にジャスコが!

米原駅の東口に、塩漬けになってしまっている土地が大量にあるので、ぜひ、ぜひ!ジャスコ(イオン?)さんに使ってもらいたい!!!!

と、メロリンQみたいに直訴してみたかった気分です。

次は、みんなの党のタリーズ松田が米原に来てくれたら、ぜひタリーズコーヒーを米原駅に誘致しましょう。他の在来線の駅にもスペースはたっぷりありますし。

あ、滋賀2区には自民党の現職・上野賢一郎さんと、タスキで名前がはっきり認識できる田島一成さん、それと共産党の、、、知りません、、、だけで、今回はみんなの党は出ないんですね。

あっ、、、みんなの党自体が、、、。


久しぶりの更新です…

|ω゚)チラ

|゚д)ソォー

|彡 サッ

…米原市議会議員の松崎淳です。

当選してから2ヶ月あまり放置してて、すみませんでした。

近所の右も左も理解できないような頭のおかしいオジイサンにブツクサ言われ続けてまして、いちいち反応するのも面倒くさいと思ってネットからしばらく遠ざかっておりました。

そんな頭も何もかもがおかしいオジイサンのために、このサイトを放置するのもなんだかなぁ、と再開のきっかけを伺っておりましたが、再選1ヶ月も2ヶ月目もバタバタとしてて過ぎてしまい、もうこの年が改まった機会を逃すと次は年度初めぐらいになってしまいそうなので、こうして新年早々から書き始めた次第です。

どうもみなさん、明けましておめでとうございます。特にめでたくもありませんけど、そういう習慣でしょうから。

そういえば、年賀状から遠ざかってからもうだいぶ経ちます。来たものだけに返答だけするようになって、それすらもやめてから、もう何年ぐらいですかね。データベースに保存されてる住所に機械的に送ってくる人もさすがに減ってきて、もうこいつには年賀状は不要だ、ということがだいぶ広まってきているようです。

新年早々から、面倒くさいやつですみません。が、いずれにしても年賀はがきに関しては、送ってくださらなくて結構ですし、送ったのに返信がない方は別に嫌われてるとかじゃなくてそもそも一通も返信出してないだけですので、お気を悪くなさらないでおいてください。

新聞と一緒です。これまで当たり前のように思っていたことでも、ふと疑問を感じて、思い切ってやめてみると、なくなったところで全く痛くも痒くもない、そんなもんです。別に好きな人にまで年賀状やめちゃえよ、とは言いませんけど、少しでもモヤモヤしてる人がいれば、やめてみるとスッキリしますよ、とだけ言っておきます。新聞に関しては、好きな人にもやめてしまえ!と言いたくなることがここ最近続いていましたが、それはまた別の機会にでも。

ということを書くこと自体が毎年毎年繰り返すのすら面倒になってますので、これももうやめることにしたいと思います。と思ってますがもう一つ、とても都合のいい口実がありましたので、記載しておきます。

公職選挙法
(あいさつ状の禁止)
第百四十七条の二  公職の候補者又は公職の候補者となろうとする者(公職にある者を含む。)は、当該選挙区(選挙区がないときは選挙の行われる区域)内にある者に対し、答礼のための自筆によるものを除き、年賀状、寒中見舞状、暑中見舞状その他これらに類するあいさつ状(電報その他これに類するものを含む。)を出してはならない。

そう、ダメなんです。まあ、選挙区外=米原市以外には関係ありませんし、自筆の返事であれば問題ないんですけど、そういうのも説明するのが面倒なので、公選法で禁じられてるんですよー、とだけ言っときます。

それにしても久しぶりの平穏な年始です。米原に移り住んでから3年目の冬を迎えていますが、最初の年は冬というか雪というか寒さなどと向き合っててきつかったですし、去年は補欠選挙の説明会を訪れた後だったのでもうバタバタしてましたし、今年はようやくあまり抱えるものもなく、10月の選挙以降ずーっとバタバタしてたのもようやく一段落ついたところで、雪も28日に50cmあまり積もりましたが2年間の経験があるのでちょっと楽に感じられるくらいですし、きつくないお正月です。

とはいえ楽してる場合でもないですし、バリバリと仕事できるようなスタートを切りたいと思ってるところです。少しずつでももっと成果を出していきたいですね。ということで、新しい2014年もこれまでに引き続き、どうぞよろしくお願い致します。

【お正月らしい写真がありませんので、年末12/28の夜の時点での積雪の様子でもどうぞ】
BckCflyCcAE40ge


ネット上で情報発信していくことについて

米原市議会議員の松崎淳です。

いろいろと書こうと思っていることは山のようにあるのですが、一つづつ丁寧にやっていきましょう。こうやって文章を書いていく中で、「です・ます」調にあえてして書いていますが、本来であれば「である」体の方がしっくり来るのですが、といったような話も多々ありますが、いずれそのうち。

その中でまず書いておこうと思ったのが、なぜブログで情報発信しようと思ったのか、そしてその目的とは、についてです。

選挙公報で掲げた公約にも書き連ねましたし、それ以前からずっと延々と情報発信の重要性については言ってきておりますが、じゃあ自分自身はどうなんだい?と問われると明確に返事しかねる対応をしてきています。

何も情報発信してきていないというわけではありません。自分のホームページは1995年には作っていましたし、ブログも2005年から、最近流行りのFacebookも2007年からですし、Twitterもずっとやってます。恐らく普通の人よりかはこういうものに対しては先に飛びついている方です。

ここでずっと引っかかってきたのが、ネット上での個人情報の取り扱いです。大学でいち早くインターネットに触れていた時分は個人情報自体の概念が変わっていくのだ、と自分の情報をネット上で公開することにためらいはあまりありませんでした。

しかし時代が進むにつれ、インターネットも急速な普及を見せ始め、情報基盤としてのインフラの地位を固めるようになると、個人情報が流出することによる弊害というものを強く意識するようになりました。それこそインターネットというものに20年も触れ続けていると、酸いも甘いもと言いますか、だいたいのことを理解してきて、危険性についての認識が高まりました。

それ故にネット上で情報発信するにしても、自分の情報をほとんど出さない形で取り組んできました。Facebookで数少ないつながっている人たちにさえ情報公開を制限している中で、それ以外の人にはほぼ何も公開していません。Twitterもわずか数人にしか知られていません。

過剰反応のような気もしなくはありませんが、知っているが故の対応ということでご理解いただければと。

とはいえ、今年の2月を境に、「公人」になりました。政治家、なんていう大それた立場になってしまったということは、まさに公人中の公人とも言えるわけで。そりゃあ国会議員や内閣に入る人たちとは大分差があるので、いきなりマスコミに注目されたりなんてことはないでしょうが、それでも公人の端くれにはなりました。

政治家こそ、自らの主義主張を伝える努力が必要である、ということは感じていて、というのも選挙で選んでもらうためには、その人となりを知ってもらわなければならない。ちゃんとした組織が控えているような政治家さんならともかく、三バン:地盤(後援会組織)・看板(知名度)・カバン(政治資金)いずれもない立場からすると、自分を知ってもらうための活動というのは限られてきます。

いや、ホント何もない状況から出馬して、よく当選できたな、というのは自分でも思っています。2年前に東京から移り住んできただけなので知り合いも多くなく地盤など全くありませんでしたし、みらいつくり隊という市の制度で広報誌などでも取り上げられてはいましたが、その知名度がほとんどなかったことに逆に驚かされたりもしてましたし(苦笑)、お金だって隊員として月15万円の報酬で家族養うなんて相当厳しいレベルなわけですし、何もないにもほどがある、といった感じでした。

後援会とかがあれば、自分の考えとか人となりについてミニ集会等で説明が出来るでしょう。戸別訪問も繰り返して握手を重ねて知ってもらえるでしょうし。でもそれだと人に知ってもらえる数に上限が出てきます。選挙区すべての人とお話し出来るわけじゃないですし。

そこで、このインターネット上での情報発信が生きてくるわけです。先の議会でも発言しましたが、世の中のかなりの数の人がネットに触れています。頑なに「インターネットはやらん」と宣言されている方も身近で知ってはいますが、それはもはや少数派と位置づけられるほどになっています。

昔であれば、支援者以外に知ってもらうためには新聞の折込などで対応できなくはありませんでしたが、それにはお金が必要になってきます。自宅でDTP(パソコンでの編集作業)やプリンター印刷など出来なかった時代ならもっとお金を要していたことでしょう。

でも今は月額でもわずかな金額で情報発信に取り組める時代になりました。見る人の側の環境も整っています。そうした時代の中でこそ、ネット上で情報発信する意義があるんだと思います。

議員として活動していれば、本会議や委員会での発言が記録されたり、議会だよりという形で発言内容や主旨を伝えることはできます。ただそれだけでは十分とは言えないと思います。より多くのことを知ってもらって、こいつは投票するに値するかどうかを判断してもらう材料の一つとして、ネットでの情報発信は活用されたほうがいいと思っています。

これが選挙中となると、これまでは非常に厳しいものがありました。公職選挙法というものにがんじがらめにされた状態で選挙しなくてはならなくて、後援会がないので自分の活動が政治活動ではなく選挙活動として捉えられかねなくて、ちょっと危険でした。別にグレーの状態でやっている人もいなくはないのですが、公職選挙法というのは、少しでもグレーになると限りなくブラックとしてみなす、みたいなところがあるようなので、ほとんど動けていませんでした。

ご承知の通り、今度の参議院議員選挙以降、ネット上での選挙活動が認められるようになり、今後は情報発信に取り組まれる人は増えてくると思います。お金がない人でも選挙に出られるようにするための公職選挙法が、逆にお金がない人の情報発信に制限をかけていた状態が解消されるということで、望ましいことだと考えます。

公人としての活動報告や、自らの考え方を知ってもらうための手段として、こうしてブログを通じて情報発信していこうと、当選してからちょっと日が経ってしまいましたがようやくスタートすることが出来ました。

同時に、公人とはいえプライバシーや個人情報が全くなくなるわけでもないので、FacebookやTwitterでの情報発信については、模索を続けていくことになると思います。まさかこいつはビッグダディをフォローして楽しんでいる、なんてことを知られてしまうのもどうかとは思いますが、まあ例としてここに挙げてしまったのでついでに美奈子もフォローしてることも暴露しておきます。

といったようなことを実はずっと考えてきていまして、これを面倒くさいやつだなぁと思われた方は、面倒くさくない写真が多い記事だけ目を通していただければと思います。これに懲りずにちょっとでも関心を抱いて頂いた方には、どうぞこれからもお付き合いをお願いしたいと思います。

こういう文章だけの記事だと華がないので、先日うちの屋根裏で生まれて一時期保護してたネコちゃんの写真でも貼っておきます。

【2匹いた縞模様ネコのうち、足元が白い方をシロちゃんと呼んでました】DSC00172