議員活動と政治活動

米原市議の松崎淳です。

アップルの時計が出ましたね。アンドロイドは前からあったので見てましたが。

何年かに一度の電池交換が嫌なのでソーラーの時計が売れるような中で、18時間しか電池が持たない時計なんて、使えるんですかね。そもそも時計自体をしなくなって携帯・スマホの時間表示で代用するようになって10年以上経つので、今更時計をするような生活も考えられないんですけど。

ステッキや山高帽のように昔風のカッコイイ紳士だけがつけるようなグッズに、あと何年かしたらなってしまうような気もしていますが、スマホを見る以上に何か画期的に便利な使い方が出てくると、いろいろと変わっていくかもしれませんね。

これ以上に気になったのが、新しいノートのキーボード。なにか新しそうです。キーボードは人とコンピュータの直接の接点となる重要な装置だと思っていて、HHKとか欲しいなと思いつつ高いのでMSのキーボードばかり使ってます。その時点でこだわってないと言われそうですが、かれこれ20年近くエルゴノミクスなのを使うのにこだわってます。相当マイナーですけどね。

さて、最近議会でちょっと話題になっているのが、しんぶん赤旗問題。当の赤旗新聞でも取り上げられたようですし、はてブ見てると信者支持者っぽい人の発言も見られて面白いです。

【しんぶん赤旗:“「赤旗」は保守政治家も登場” 滋賀・米原 平尾市長が答弁】
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2015-03-07/2015030702_02_1.html .

【はてなブックマーク】
http://b.hatena.ne.jp/entry/www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2015-03-07/2015030702_02_1.html

【ツイッターも】
https://twitter.com/search?q=http%3A%2F%2Fwww.jcp.or.jp%2Fakahata%2Faik14%2F2015-03-07%2F2015030702_02_1.html

【多分この辺が発端】
http://samurai20.jp/2013/12/sankei/

議場で聞いていたのとだいぶ話が違うのは赤旗の記者が書いたので仕方ないでしょうし、とりあえず市長の集団的自衛権とか従軍慰安婦だとか反原発・放射脳問題についても置いとくとして、一般質問で取り上げる前後に議運でいろいろと話し合っていました。傍聴しながら感じたことは、議員としての活動と、政治家としての活動が混ざっている故に発生した問題じゃないかということ。あ、庁舎内の共産党議員の赤旗購読押し売り(?)問題についてです。

「議員活動」と「政治活動」はなかなか分けて考えるのは難しい話。すべての議員活動は政治的信念に基づいているのかもしれませんし。

しかしここに一定の線引が必要なんじゃないかと思いました。議員が政治活動を行うことは、憲法で保証された思想の自由なのかもしれません。でも何もかもが許されるわけでなく、どこでやるか、の制限はあると思います。ズカズカと他人の家に入り込んで、憲法で保証されているからお前に俺様の政治信念を叩き込んでやる、これはダメですよね。

じゃあ、役場の庁舎内でやることは?というとグレーゾーン。議員が庁舎に行くのは当然認められるし、職員と話すことも必要がある。じゃあ、政治的理念や政党のことを宣伝したり広めようとする、そうすると問題っぽくなる。ここが全国的にも問題となっている赤旗の話です。

おそらく職員の立場からすれば、議員は住民の代表なので、住民の声を聞く意味で議員の話を聞くことは重要である。でも共産党の議員と話していると、住民の声を聞いているのか、党本部の主張を聞いているのかが不明確になることがある、というとこでしょうか。

いやいや、共産党の主義主張をすべて市役所が取り入れるべきだ、という考えであれば何をしても政治活動の自由なのかもしれませんが、職員からすれば住民の代表なのか党の代弁者なのかははっきり区別して欲しいのでしょう。

ある意味これも政治信念の自由でもあるので、職員が共産主義には興味ないと言うのも自由なわけで、しんぶん赤旗の購読を拒否したりできるはずですが、ここが住民の代表としての議員活動か、党人としての政治活動かが明確になっているので断りにくいでしょう。

職員個人の政治思想に対してとやかくは言いにくいのかもしれませんが、とりあえず政党に関する活動に関しては、職員の勤務時間内であったり、役場の庁舎内でやることは、あまり望ましくないんじゃないか、ということをもともとこの問題にはあんま興味なかったのですが、ちょっと考えてみました。

これをじゃあ自分に置き換えてみた時に、例えば学校にお呼ばれした時に、国旗掲揚と国歌斉唱のときにまあ色々あるわけじゃないですか。発狂して諸君は君が代を何故歌わない!と怒鳴りこむつもりはないんですが、そういうようなイメージの政党に一応所属してるわけじゃないですか。

もし自分が教育委員会に対して、法律でも定められていることだし全員で君が代斉唱しましょうなんてこと言ったら、これは政党のための政治家による政治活動になってしまうんですかね。よくわからないです。

この議員活動と政治活動については、実は以前から議運で検討されてきたものでした。ちょっとずれていたので、今回の騒動では取り上げられていませんでしたが。

以前議運で話されていたのは、「議員活動」と「議会活動」の定義付けについて。以前は議会活動は、本会議、委員会などごく一部にしか定義付けされておらず、残りは議員活動とみなされていました。

昔の古き良き時代だったらその程度で良かったのかもしれませんが、近年は議員もいろいろ働くようになりまして、議会の中で議会報告会を開催したりその準備で何度も集まったり、研修や視察に行くにも本当に研修と視察だけで全く娯楽的要素が無かったり、と何かと動きまわってるんです。

これら活動の際に、もし事故等が発生した際に議会活動ではないとしていると様々な問題が生じるでしょうし、ここで一度議会活動の定義付けを見直し、議員個人ではなく議会全体として取り組むことにはちゃんと議会活動と認めましょう、というのがここ半年ぐらいかな、話されてきました。

ようやく方向性が定まり、議会活動とするならばしっかりと市民に公開していこうということで傍聴や議事録の公開基準などもしっかり定め、先日全員協議会で同意されてGoサインが出ました。

こんなところで「議員活動」の範囲を議論していましたが、その時に実は「政治活動」も話していたんです。ただし、議員活動と政治活動は分けにくいだか分けられないとも書いてありましたけど。ここを、もう少し分けて考えたほうがいいよ、という内容でした。

このブログでも、カテゴリーを一応分類しているのですが、全く意識してませんでしたがちゃんと、政党・議会・議員活動というのをわけていました。ざっくり、なんですけどね。

特に写真もありませんので、本会議開会前に撮った写真でも貼っておしまいにします。

P1020439


日本維新の会に入りました

米原市議会議員の松崎淳(まつさきじゅん)です。

ちょっと前に決まって、党のホームページでも公開されているので、知る人ぞ知るではなくオープンな情報にはなっていたのですが、当の本人が何も言ってないのもさすがにどうかと思いますので、改めてここで書いておきます。

 

日本維新の会に入りました。滋賀県総支部のページや、党本部のページでも公開されていますので、よろしければご覧ください。

 

えっ?今頃、とか今どき、とか今さら、維新?と思われる方もいるかもしれません。はい、そうです、その維新に入りました。

この間の参院選でいろいろ叩かれてましたからね。わからなくはないです、そういう情報に晒されてしまっていたらそういう反応になってしまいがちですからね。

 

2月の補欠選挙で当選して市議会議員になってから、ずっと感じていたことに、「仲間が欲しい」ということがあります。政治は、なんやかんや言っても、結局のところ数字の世界でもあります、多数決の民主主義ですから。任期終了も近いということで、会派には入らず、会派には次の選挙(来月の)で再選してからでもいいだろう、という声がありずっと無所属・無会派で活動をしてきました。そこで感じたのが、少数派でいるデメリットみたいなものです。

自分の政治思想としては、米原市議会でいう保守系の人たちと大きく違わないところにいるなというのは感じていて、しかしその一方で、それと対している、と言ったら大袈裟になっちゃいますかね、市長が推進しようとしている「県内一子育てのしやすい街」といった子育て支援の政策や、地域活性化のための取り組みであったり、そういうものには積極的に推進する立場で議会活動に取り組んで来ました。

ご承知の通り、一番最初に議会で提出された教育委員会人事案は否決されまして、その時に下した判断というのは非常に重たいものがあった、というのは過去に書きましたが、一方で委員会での発言や、一般質問でのやり取りの中で、市長の政策の積極的推進を求める立場にも立ってました。

とはいえ市長がマニフェストに掲げた政策の中に、どうしても納得・同意できかねるものがあるので全面的に応援するという気持ちにはなれませんので、じゃあお前は保守系≒自民党なのか、市長派なのかと問われると、どっちとも答えづらい状況が続いていました。

自民党、というのは非常に重たい選択肢でしたね。そりゃあ市議会の多数派ですし、国政も2連勝の圧勝でしたし、個人的な偏見かもしれませんが、田舎=自民党という認識があるので、ここで自民党に入党すれば、何かと楽になるだろうな、という印象は持ってました。

でもどうしても自民党じゃなかったんです。20歳になって選挙権を得てからは神奈川県と東京都にずっといましたので、いわゆる都市型選挙というのを経験してきました。その中では、自民党という選択肢はあまりないんですよね。都会のインフラ整備は遅れて渋滞等で迷惑や経済的損出を被ってきたなかで、自民党は地方の既得権益者にお金をバラ撒く、というイメージが強いですから。

そりゃあ小泉進次郎みたいな若手改革派みたいなのに国会議員が入れ替わって、本当に自民党は再生したんですと言い張れるのであれば違ったのでしょうが、どうも最近は世間一般で言われるような、古い自民党が復活してきた、みたいなのも感じてしまってます。そこに自分も選挙のことを意識して気軽にホイホイと入党してしまっていいのだろうか、そんな疑問をずっと感じていました。

そうした時に感じたのが、これまでの自分の選挙行動(自分のじゃなくて、衆院選とか参院選での投票行動)を振り返ったときに、自分は何に期待しているんだろう、どういう世の中を作っていきたいと考える政党を支持してきたんだろう、と考えてきました。それが、日本維新の会という選択肢につながりました。

まあよく言われるように、たちあがれ日本との合併でおかしな雰囲気になっているのは私も感じていますが、マスコミで一方的に取り上げられる印象論だけではなく、政治理念とかそういう幅広いものを自分なりに眺めているとあながち誤ったことばかりではないなと判断してます。

それよりも何よりも自分が共感したのが、大阪維新の会発足の時から掲げている、地方から日本を活性化させる(=維新を起こす)という考え方のほうでした。時代はどんどん変化し、社会も大きく変わっていくなかで、政治が、行政が変わらずにいたままでは、世の中の変化に対応できないのではないか。そこで革命を起こすような過激な対応をするのでなく、現実的な対応で世の中と政治の姿をマッチさせるようにしていく姿勢、そのあたりがこれから求められていく政治像じゃないかな、と考えました。

じゃあ、米原の市議会議員となって、維新の会とどういう関係を築けるのかなと考えて相談に伺ったところ、滋賀県内の地方選の立候補者の公募を近日中にする予定があると伺い、結果、それに応募して選ばれ、今回維新の会に入った、という次第です。なので、実は公募があったから応じてみた、というのではなく、その前から動いていた結果が今日、という形になります。

結局、米原市議会・米原市議選立候補予定者から維新の会に入ったのは私だけなので、私が当初の願いとしていた「仲間」を増やすということには、直接的には結びついていません。ただ、市議会に政党色は不要という意見があり、であれば会派に関しては多少柔軟に捉えることは可能かな、という判断をしています。また、維新の会に加入したことで、米原以外の政治的なつながりが生まれたため、そっちから仲間を増やしていくことも可能になりました。

そう、市町村レベルと、都道府県・国政では政党カラーの扱いは異なる、ということは当選後ずっと言われてきたことで、実際に米原市議会では政党色を出しているのは共産党市議団だけで、ほかはどれも政党を名乗ってはいません。保守系≒自民党と書いたのも、ほぼみなさんが自民党員なんだけど、市議選では無所属になってるからで、そんな背景があるんだと思います。

一方で、議員研修などで知り合った他市の議員さんを見ていると、政党をしっかり出している議会も結構多くありました。自民党・民主党・公明党・共産党、と所属政党が明らかになっていれば、住民のみなさんが判断するときにも判りやすいのかな、という気がしてます。

今回、維新の会に所属することになったわけですが、政党色を敢えて打ち出すことで、自分の政治スタンスといったものを明確にする目的も含んでます。無所属・無会派でいるときの、是々非々の対応を取る、といった姿勢と大きな変化はないかもしれませんが、日本を地方から良くしていきたいという思いが込められているが故の議員活動であることの証明にもなると期待しています。

政党の名前を背負うということは、逆に自分にも大きな責任が出てくるということでもあり、こんなポスターも作ってもらってます。

【維新の会のポスター】BUvMgSSCYAAHqoi

責任重大ですよね。維新は長浜に市議が3人いますが、米原には拠点がありません。党員もいません。国政選挙で投票してくださった方はたくさんいらっしゃいますが、接点がまったくありませんから、そんな中で維新の会を米原で代表する形にもなります。これをどう結び付けていくのかが、非常に大きな課題となります。

そんな政党なんかに属さずに、これまで通り無所属・無会派でいいだろ、といった意見も頂戴していました。確かに自分の主義主張だけを考えてそれをアピールしていくのであれば、政党は不要なのかもしれません。しかしこれまでの政治の歴史でも、同じ考え方の人間が集うことで政治が動かされてきたわけで、私が仲間が欲しいと感じたのも、政治の制度がそれを前提としてできているのもあると思います。

自分の政治的な姿勢を明らかにした上で、米原市議会ならではの動きには現実的に対応をしていく、そんな形で今後も進めていこうと考えています。私個人が政党に入ったことでそんな抜本的に考え方が変わったということはなく、これまで通りでもあるので、自分らしさというのを大事にしながらやっていきたいと思います。

それにしても気がかりなのが、堺市長選です。これで負けたら、またマスコミにバッシングされてしまいますからね。何を考えて叩いたり持ち上げたりしてるのか分からなくもなりますが、どのような考えを持って有権者が行動するか、それが政治の姿ですので、注目していきたいです。

ということで、日本維新の会に入った、というご報告でした。


非常に重たい政治判断

米原市議会議員の松崎淳です。

議会中はほとんど余裕がなくて、ブログも更新しないまま6月議会の日程が終了してしまいました。今回の議会もまた、重たい決断を迫られた議会でした。

さて、このブログを開始するにあたり、とにもかくにも最初に書かなくては、と思いながらもちょっと重たいテーマなので躊躇しているうちに、これだけ時間が経過してしまいました。

タイトルの通り、「非常に重たい政治判断」についてです。

私が当選したのは2月17日(日)の補欠選挙で、翌日付で市議会議員となりました。議会事務局からのレクチャーを受けたりしているうちにあっという間に時は経ち、3月議会が始まりました。

一般質問に立つか立たないかで悩んだりもしましたが、議員になったのであれば一般質問に立つのは当然の義務だと思い立つ決心をし、くじ運がいいのか悪いのかわかりませんがいきなり一番クジを引いてしまい、初当選の初議会で先頭バッターに立つことなりました。

当選してから2週間でいきなり行政テーマについて問うのは、自分の知識の足りなさを露呈させてしまうことにもなるので、自分が選挙時にアピールしたIT分野の質問を出しました。同日に当選した新市長もマニフェストにSNS等の活用を掲げられていましたので、これをどのように今後の市政に反映させていくのか、それを問うものでした。詳細についてはまた別途触れることとして、一般質問の原稿も追って公開したいと思います。

市政の内情を知らぬまま突っ込むのも如何かと思い、最初の一般質問は個人的に勝手に、自分の所信表明の思いを込めて登壇したので、再質問がなかったりしてちょっとイレギュラーな形にはなりましたが、緊張しながらもしっかりと自分の考えを述べ、市長からの答弁も得られたので、初回としてはまあまあだったと判断しています。

さて、冒頭の重たい政治判断とは、実はこのことではありません。

3/13に一般質問に立ちましたが、翌日3/14に追加上程された案件のうち、2つの同意案件に対して、私は反対の立場を取りました。新市長が2人の教育委員人事案を提出したものでした。

私が反対したからというわけではありませんが、この同意案件は賛成少数により否決されました。お一方については共産党の議員も反対したので、圧倒的な数での否決となりました。あとで確認すると、執行部提出案件が否定されたのは米原市議会史上初めてとのこと。まあ初めてと言っても統合してから8年しか経っていませんが。

これがメチャクチャ重たく、そして厳しい判断を下しました。ものすごく悩みました。というのも、当日の朝まで、人事案件に対しては反対するつもりはありませんでした。提案されたお二方について調べたところ、人物的には何ら問題のない方でしたし、いい方だとの評判も耳にしておりました。

ところがです、私は議会において会派に所属していないので、突発的な議事進行の予定がほとんど入ってこないのです。議案は当然前もって執行部より説明を受けていますが、それに対しての討論については、誰が提出する予定だとかそういう情報がありません。

まさに寝耳に水、別に寝ていませんが、議長より討論はありませんか?と問いかけられてから、2人の議員から反対討論が出された時は、頭のなかがフル回転しました。はて、いかなる判断を私は下すべきなのか、を必死に考えました。そして、うわっ、これが「政治家」になった、ということなのかと実感・痛感しました。

議会と市長との対立構造については当然知っておりますので、平穏無事には済まないとは思っていましたが、まさかこのタイミングでこうなるとは、予想だにしていませんでした。

少し焦りながらも、ここは反対討論の内容をじっくり聞いてみよう、と2人の議員の発言に注意深く耳を傾けました。要点はおそらく2つだったと思いますが、1つは体調不安、そしてもう1つは教育行政の継続性、これに対して疑義があるため、議員各位の慎重な判断を求めるというものでした。

体調不安に関しては直近においても不安を感じさせるものでした。高齢ということもあり、教育委員・教育委員長の重責を考えると、難しいのかもしれないということを思いました。

そして私が反対するに至った根拠となったのが、教育行政の継続性ということでした。市長が交代すれば方向性が変わっていくのも当然ですが、教育という子供たちを育てるための機関において、教育長と教育委員長のツートップが同時に交代してしまうことに対して、不安を抱かざるを得ませんでした。

教育の方向性が変わるという意味では、大阪の事例が想像されるかもしれませんが、あちらでは議論を重ねた結果としての方向の変更であり、今回の米原での人事提案に関してはいささか急ぎすぎたのかなぁ、と感じました。

前市長はその前任(現市長ですが)から引き継いだ際も、教育委員長は交代しましたが、教育長は継続されていたそうです。教育に関しては行政・政治からの独立性が高められていることからもわかる通り、そうコロコロ内容を変えられても困る領域でもあるので、ここは慎重な対応が必要ではないか、そう判断しました。

初日のシャンシャンな議決に続いて、2回目の議決で、いきなりこういう難しい判断を迫られて、正直、かなり焦りました。考える時間もほとんどなく、その僅かな時間において慎重なる判断を迫られ、最終的に導き出した答えは、反対討論で示された通りに反対するというものでした。

スケジュール感を考えた時も、まだ議会の日程には余裕があるので、否決されたとしても最終日までに再提案されれば、教育行政に大きな穴を開けずに済むだろう、そういう現実的な判断も同時に行なっています。現に最終日に前教育委員長が再提案され、教育行政の継続性が保たれた形が実現され可決、なんとか間に合わせることができました。

私が下したこの非常に重たい政治判断について、正しい判断を行ったと思いたいです。それはもちろん、市長を応援されている方々からすれば、補欠で当選したヤツも結局は他の議員たちと同じ穴のムジナだったのかい、と失望されたかもしれません。某所においては、高学歴と職歴だけで当選したと私のことを評されておりましたが、そのちょっとは賢いであろう頭をフル回転させて下した判断です、一生懸命考え抜きました。

ヨソ者・若者・変わり者が米原市に新しい風を送り込んでくれるのを期待して下さった多くの市民のみなさんがいるので、私は当選できたわけですが、この人事案件に対しては新しい風となれなかったことに対して失望させてしまったかもしれないことに、申し訳なく思っています。

まあすべての人の要望に100%応えられるということはありえないわけで、とりわけ50:50で票が割れた市長選後の対応については、結果が大きく割れてしまうことは今回の件で明らかになった通りです。

私の政治姿勢としては、是々非々で判断していくとしており、人事案件に関しては子供たちへの影響を鑑み判断しました。このことだけで松崎は反市長派だと認識されてしまうのは、とても残念なことです。もし私が反市長派を明確にするのであれば、当選直後から保守系のどちらかの会派に所属していたことでしょう。

かといって市長派であるかと言えば、否決したことからもわかる通りですが、そうなるとお前はコウモリか、みたいな話になってしまいそうですね。

政党で言えば、自民党なのか、そうじゃないのか、という議論になってくるんだと思いますが、これまでの自分の投票行動を見てみると、よくありがちな無党派層に入っているんですよね。自民にも入れたことあるし、民主にもある。共産党にも実は入れたことがあったりします、まあこれはちょっと例外的な行動で、自民の世襲議員と共産党しか選択肢がなかった時の投票でしたが。社会人になってからはちょっと勉強してから投票してます。

先の市長選を見ていて(って自分の選挙に忙しすぎてじっくりと考える時間はあまりありませんでしたが)、私が政策的に近いと感じたのは前市長の方でした。まあそれほど取り立てて大きな違いもなさそうでもあり(それ故に争点なき選挙とよく言われてました)、結果的に市長が交代することになっても、市長の政策を応援したいと思うものも多数あります。子育て関連などは自らが当事者ということもあり、積極的に推しています。

私が前市長と近いと感じた最大のポイントは、私がどうしても相容れることの出来ない政策を、現市長が一点、掲げていたことがあり、この政策に関しては現時点でも到底受け入れることができないものですので、もしそれが今後議会に提出されれば強硬に反対していくでしょう、というくらいまで断言できるものです。

それがじゃあいったい何なのか、に関してはさらに長い長い説明が必要となるので、今回は明らかにはしないでおきます。

 

ちょっと話がそれてしまいましたが、この3月議会での反対したということについて、どうしても説明をしておきたかったのです。議場での行動を見ていてもそうですし、ましてや報道等で知った場合は、私が何を考えていたのかを知るすべがないんですよね。であればこそ、私のメディアを通じて、それを発信して伝えていきたいな、これがブログを始めたからにはまずはお知らせしたかった内容で、ただ、ものすごく重たいモノなので、ここまで遅くなってしまいました。

 

じゃあ、直近の6月議会での決議に関しては?と問われるかもしれません。これについては、決議文の文章自体におかしかったり不明確な点がなかったので、否定することは出来ないと思ったのと、決議というのは議員のパフォーマンスでしょ、という認識が最初からあるので、実はそんなに重要だとは考えていません。なので、私のなかではあまり重たい政治判断ではありませんでした。まあ、それだけのことです。

 

何か関連する画像でも貼ろうかと思いましたが、あまりいい写真がありませんでした。議会中に議場で写真撮ることも出来ませんので、反対討論の風景とか撮れていませんし。

なので、6月議会開催中は忙しくて全然手をつけられずにいた、草刈り風景のBefore Afterでも貼っておきます。4時間草刈り&2時間草むしりで全身ボロボロですが、最近草刈りが好きなんです。趣味の一つと言っても過言ではないくらいです。

【Before】DSC00440

【After】DSC00441

非常にスッキリ爽快!草刈り運動のあとの風呂・ビールは気持ちいい、んだろうなとは思いますが家でお酒は飲みません。唯一飲むのは選挙特番があるときだけで、なので7月の参院選は楽しみだったりします。これもいずれ、お話ししたいと思います。