第4回市民との意見交換会(議会報告会)を11/13・14に開催します

こんばんは、米原市議の松崎淳です。

前にもチラッと書きましたが、市民との意見交換会を明日明後日と開催します。

今回はいろいろと後手後手に回ってしまい、資料もようやく本日完成版を各議員に渡すことができました。先週リハーサルを実施した際の反省点を反映させたものです。

明日13日・明後日14日の夜7時からお越しいただけない方は、こんな資料を説明しているんだ、と想像していただければ幸いです。

【パワポ資料】
image001
image002
image003
image004
image005
image006
image007
image008
image009
image010
image011
image012
image013
image014
image015
image016
image017
image018
image019
image020
image021
image022
image023
image024
image025
image026
image027
image028
image029
image030





image036
image037
image038
image039

今回の準備が遅れたのには、まあいろいろ理由はありますが、前回第3回の意見交換会の後始末からずっと押せ押せで来ていた、というのも一つの理由です。

【議会報告会の報告書ダイジェスト版を作りました】
1
6
5
4
3
2

お手元に配られたのはオレンジ色系統に印刷されたものですが、作成の時点ではシアン色で作ってて、第3回のチラシのカラーに合わせて色を変えて印刷してもらいました。

第3回から委員長が交替し、それまでは報告書を市内に組回覧で回すだけの対応をしていたのですが、より市民に議会活動を理解してもらいたいとの思いで新たに、ダイジェスト版を作成し、戸別配布することにしました。

議会広報特別委員会というとこの委員長をしていて、先週の改選で再任することになったのですが、議会だより・まいばらの発行の仕事をやってます。これは編集はタッチせず、校正だけですが。

これがなかなか市民のみなさんに手をとってもらいにくい、ちょっと堅い印象のあるものなので、なんか少し手を加えてみたいな、とずっと考えてました。

まあ当初は、議会広報のコンクールに出して選ばれたい、なんて野望も持ってましたが、コンクールがないことに気づいたのと、ちょっとパワーが足りずに2年の任期が終了してしまった、といのが真相ですが、やり残した感があまりに強かったので委員長に今回は自ら立候補して、残りの2年間でなんとか形にまで持って行きたいと考えてます。

この後、実は議会報告会の後始末ももう終わった感が漂っていたのですが、そんな中でそれ以前から実施していた、報告書の本番の作成もやってました。

全戸配布にすると米原市内で13,000世帯ぐらいあるので量が膨大になるため、ダイジェスト版は12ページ分に圧縮していました。

第2回にはこの本番の報告書しか用意していませんでしたが、戸別配布は量が多すぎるので、組回覧という回覧板で回す仕組みにしました。それでも米原市内全域に回そうとすると1400組分用意するので、大変は大変です。

議会報告会は議員がすべてやる、というのが全国的な傾向ではありますが、実際は細かい準備作業とかを議会事務局のみなさんにお願いしていて、資料作成はしましたが、その後の印刷手配とかロジの部分などは完全にお任せだったので大変な苦労をかけてしまって申し訳なく思ってます。とか言いながら、明日明後日の分も結局準備は丸投げの形になってるので、苦労はかけっぱなしなんですが。

【64ページもあるので、これはクリックするとPDFが開きます】
2015-11-12_213935

一番大変なのはゼロから何かを作り出す時で、2回目以降は実は流し込みだったりコピペで済むことがあるのでだいぶ楽にはなるのですが、とはいえ毎回同じではあまり意味がなく、改良点を随所に加えているので、結局作業時間としては長く長く取られてしまうもんです。

第3回の報告書からは、どの議員がどれだけ報告会で発言したのかがわかるように、発言者の名前を加えたりしています。

というのも、第3回ではうちの班で私が司会をしたのですが、質問を受けて他の人に振ろうと思ってチラッと横を見るとみんな視線を合わそうとしてくれないので、仕方なく自分がしゃべることが多くなってしまったのですが、それなのに最後のアンケートに「松崎、適当に答えるな」みたいに怒られてしまいまして、だったらせっかくなので発言者の名前を明らかにしとこうかと。

他の会場で毎回指摘されているのが、特定の人しかしゃべらないで、一言もしゃべらない議員がいる、というのがあります。議員を見ていると、ああ、この人がずっとしゃべり続けているんだろうなというのが想像できると思いますが、個人名は一応伏せておきます。

別にしゃべりたいから、というわけではないのでしょうが(本当はそうかもしれませんが)、ベテランの議員は過去の経緯などを知っていることが多く、ペーペーにはどうせわかんないだろうから、ということでマイクを離さないのもあるかもしれません。

事実、適当な回答を私がしてしまったが故に正確な情報を伝えられなかったこともあり、議員の恥さらしじゃ、などと陰口叩かれたりもしてて、とはいえ一言もしゃべらない議員がいるのも確かに問題だな、といった背景があります。

こんな地味な作業が、議会閉会中もずっと続いてたりします。。。

最近はちょっと意図的に、議員として顔出しするのを控えてみたりしてるのですが、こいつ顔も出さんで、と思われてるかもしれませんが、この編集作業に取り掛かってるのも実はあるんです。

一応今回で第4回となり、旧4町をすべての班が回り切るので一区切りになり、もうこんな仕事二度と引き受けるか、ほかの議員も苦しんでみやがれ、などと思っていました。

でも多分他の議員さんだと印刷屋さんに納入できる状態まで作成するのは難しいでしょうし、ベテランさんが担当になったらこっそりと事務局に丸投げして、職員が地獄を見るんだろうな、などというのも想像すると、ちょっと考えも変わってきました。

広報の委員長やったのもそうですが、議員としてやりたいことの一つに議会改革があって、それで当選2回目直後には議会運営委員に入れてもらって取り組んでいたのですが、会派の結成とかでゴチャゴチャして追い出されてしょんぼりでした。一応先週の改選でようやく議運のメンバーに戻れましたが、これはまた別途。

自分がそうだったので意識してるんですが、政治ってよくわかんないじゃないですか。政治家と知り合いになることなんて、まずありえなかったですし。せいぜい見てたのだって小泉首相のライオンハートとかいうメルマガくらいが接点なくらいで、それもあまり面白くなかったからすぐ辞めちゃいましたし。

そんな、恐らく普通の人なら当たり前の政治参加意識レベルだった自分が、まさか政治の世界に入るだなんて、といいつつ入ってしまった以上は、わかりにくいとされる政治を、多少なりとも伝えられたらいいな、というのは1期目に当選してから感じたことで、確か2期目の選挙公報にも書いたような気がします。

【気になったので選挙公報を探しだしたら、確かに2番目の公約に書いてた】
koho

議会報告会の実行委員会にも入って、こんな編集作業みたいな地味な仕事を引き受けたのも、どうやったら市民のみなさんが読みやすいとか読みたいと思ってくれる紙面にできるか、それを自分で直接手を加えられるからだったりします。

議会広報も、とりあえず前に任期の最後ですかしっぺのようにですがやったのは、文字のフォントを変える、だけでしたが、それまでの堅い明朝体のイメージから、少しでもやわらかく、ということで丸文字に変えてもらいました。

【堅い印象の明朝体の議会だより】
2015-11-12_224525

【少しでもやわらかく丸ゴシック体に】
2015-11-12_224607

それにとどまらず、次の任期中にはもっと手を入れて、具体的には市民意識調査で見る人が増えてくれるようにしたいと思ってます。

【今年の市民意識調査の議会だよりの部分】
2015-11-12_221047

【米原市役所:米原市民意識調査(平成27年度)】
http://www.city.maibara.lg.jp/0000003024.html

で、明日の意見交換会のメインテーマは、「議員定数」です。

現在の議員定数をご存知の方って、どれくらいいますかね。あんまいないんじゃないですかね。20人です。人口4万人規模の自治体にしては、正確には調べてませんが、多分、多いほうだと思います。

【滋賀県内の他自治体との比較】
image029
image030

この13市との比較だけ見ると、ああ、米原市議会、やっぱ多すぎ。16人くらいが妥当じゃね?と私が肌感覚で持っていたのと同じ数字が出てくると思います。前に書いたような気がします。

【議員報酬について】
http://junmatsusaki.net/342

ん?議員「報酬」?はい、私もこの報酬について書く段階で、必然のように議員定数のことを書いたように、これって切り離せないテーマだな、というのは感じてました。とはいえ実行委員会でテーマ決める時に絶対に報酬は加えない、ということになりましたので、ほとんど触れません。ちょこーっとだけ、一言二言レベルだけです。これについては勉強も資料用意もしてないので、突っ込まれたら、口から言葉が自然と湧いて出る議員じゃないと答えられないと思います。

まあ感覚的にも16人だろうと想像できるくらいなので、もうちょっと踏み込んだご意見とか提案があると、今後の議員定数の議論の際には面白くなるだろうなとは思ってます。10人にしたら、ってのは前に書きましたし、反対に薄給にして、報酬が現在450万円くらいが20人で9000万円なので、倍以上の45人にして年額200万、月に13万程度でお前ら市議ごときは十分なんじゃ、というのも面白いかもしれませんね。

面白い、とばかり言ってられないのは、変なのがたくさんいる市議会とはいえ、市民の代表なので、市政において重要な判断を下すポジションにいます。それには十分な審議も必要ですし(夕方になると疲れて流れたりしてますが)、議員の専門性というのも重要になるかもしれません。族議員みたいになられると困りますが。

委員会審議で必要とされる人数は7人・8人ということが言われているらしく(どっかの論文にもあった)、現在の3常任委員会制だと21人・24人という数字が浮上してきて、それ故に現在の議席数になっている、というこれまでの流れ、と一言でいうとそれまでですが、実は慎重に議論されて導き出されてきた数字が、現在の議員定数だったりもするわけです。

それを思いつきで減らせ減らせ、と言うのは簡単ですが、やっぱやるのは大変なわけです。って別に保身に走ってるわけじゃありませんが、だったら3つの委員会じゃなくて、2つにしてしまえばいい、という話もありだと思います。

現に月曜に埼玉県羽生市の行政視察受け入れで議員さんと話す機会がありましたが、羽生市議会は14人・2委員会制にしているそうです。人口は5.5万人と米原より1.5万多いのですが、報酬はその代わりといってはなんですが、37.5万円で、米原の30万より多いです。報酬とからませたらダメですか?どうしても絡ませたいんです、というかそれが普通の感覚だと思いますが。

今回議員定数を議会報告会のテーマにしたのは勇気ありますね、と今日来てた春日部市議さんに言われましたが、そもそも意見交換会で必ずこちらから回答しなくちゃいけないというプレッシャーはあまり持ってなかったりしますし、特に今回のテーマでは幅広く意見を集めたい、という思いがあるので、14人まで削減しろ、どや、と言われたら、はい、そういう意見を承ります、としか言いようがなかったりするんです。

減らせ減らせの大合唱であれば、減らす方向でまずは議会内で議論をしてみて、減らせるなら減らす、減らせないならその理由をしっかり市民に説明しろ、と春日部でのアドバイスももらってきましたが、今ならそれができるタイミングだろうな、というのがあります。

というのも、議員定数なんてこの時期、選挙と選挙のちょうどど真ん中、ぐらいしかしにくいじゃないですか。選挙の直前だと売名行為に走りがちですし、当選直後は勝てば官軍みたいな空気もありますし。だからこそこんなのがテーマ設定されたわけで、まずはいろんなご意見をいただければ、と願いながら明日の意見交換会に臨みたいと思います。


味噌ラーメンラブ・航空写真解像度アップ・今度の臨時会は議長選

こんばんは、米原市議会議員の松崎淳です。

コネタを3つ。

味噌ラーメンが好きなんです。といっても何が何でも味噌というわけではなく、好きなのが札幌の純連(じゅんれん。すみれじゃないよ)というラーメンで、それに近い味を求めて頼んでみて、そして挫折して、みたいなのを繰り返してることが多いです。

【京都のすみれ。味噌はまあまあだったけど、醤油と塩は純連とは比べ物にならない(ネガティブに)】
DSC02092
DSC02089
DSC02086

純連は高田馬場とかにあったけど潰れて今は札幌と仙台にしかなく、米原から行くには相当ハードルが高い。その意味で京都駅のすみれには期待してたのに、がっくし。

純すみ系以外にも好きなのがあって、その一つが田所商店というチェーン店。ラーメン屋じゃなくて、味噌ラーメン屋なのが味噌。千葉の浦安だか行徳だか妙典のあたりの店に行ったことがあるのだが、じゃがいもが好きだから北海道系にしたんだっけ、妙に美味しかった。

嫌いじゃないどころか、また行ってみたいなと思って調べてみて、こっちの方でも岐阜の各務原とか愛知北部にもあるし、京都、は遠いな、というとこまで調べて、チャンスが有れば行ってみようと狙ってた。

と、先日長浜の国道8号を北上してたら、市民病院の手前で見つけちゃいましたよ。

【新しい建物だけ出来上がってたところ】

ここに12月1日に、田所商店がオープンするらしい!

【日付が公開された】
2015-11-04_213754

行きたいねぇ。。。12月議会の一般質問の締切日だねぇ。。。

これも11月に入って気づいたのですが、自分の中ではビッグニュース。米原市のグーグルマップの航空写真がたぶんこの夏のものに置き換えられて、しかも今まで解像度が低かった米原・近江地区もくっきりと見られるようになりました!

【米原庁舎】

【近江庁舎】

スマホ版が先に変わったので、比較のためにPC版で保存しといたのが、これ。

【旧版。これまでは解像度が低く荒かった】
2015-11-02_160521

【これがクッキリに】
2015-11-04_093515

議会中でもスマホいじってることが多いんですが、1/3くらいはこういう地図を見てることが多いです。備蓄倉庫の位置だったり、林道整備の箇所だったり、様々な案件で米原市内の地名が出てくるのですが、必ずしも記憶できている場所とは限らない。

そんなときにスマホで地図サイト見ると、一発でわかるので重宝してます。しょっちゅうスマホいじってるのでいぶかしげに見られることもありますが、こういう調べ物にしか使ってないので、ちょっかい出してこないでください。っていうか電話の着信音が鳴る方がはるかに非常識なんですけど。

これまで近江地域・米原地域西部は、google mapでは衛星写真は絶望的で、その地域を見たいときはYahoo!の地図にしたり、Appleのマップの写真はbingと一緒なのでそれ見たりしてました。

でもこれからはグーグル一筋でも行けそうな時代に、ようやく米原もなったようです。ええ、グーグル教徒で信者なので、素直に嬉しいです。

11月6日に、臨時会が一日の予定で開催されます。なにも緊急事態で臨時会を開くわけでもなく、慣例により議長と副議長が一身上の都合か何かで辞任するので、その選挙を行う日です。

合わせて、市議選から丸2年が経過するので、委員会構成なんかも変わります。そのための臨時会です。

上程案件は、特に重要ではありません、と言ったら怒られますが、今回は市職員の交通事故の後処理が多いですね。これもはやいところグーグルの自動運転が実現されるといいのですが。

それより前に、最近流行ってるエマージェンシーブレーキとかレーダーコントロールで衝突防止、なんて機能がついた車にしたらいいんじゃないですかね。それで防げそうな事故も結構ありますし。派手に突っ込んで事故るのではなく、うっかり不注意でゴツン、みたいなのが多いので、そういう人的なケアレスミスを減らすのに、それ用の機器があるならもっと活用すべきです。

それこそ除染費用みたいな無意味な費用投じるくらいなら、衝突安全装置を義務化することで、どれだけ多くの人命が救えることか。狂った基地外の妄想に付き合ってないで、もっと冷静にリスク管理したらいいと思います。

で、議長選が最大のトピックですが、マニフェスト研究所というとこでこんな資料を出してました。

【早大マニフェスト研究所・議会改革度調査2014:テーマ別分析「議長選挙のあり方」】
http://www.maniken.jp/gikai/2014_gichou.pdf

議長選って、立候補制じゃないんで、誰がどれだけ票を獲るかが事前にわかんないんですよ。なので、多分ですが、水面下でいろいろな工作がされているんじゃないか、と勝手に推測。

去年の議長選の時は、大変でした。

【議長改選に伴う長い長い一日と、壮絶ないじめ】
http://junmatsusaki.net/712

そういえば、イジメ問題ですが、まだまだ進行中で、某所に会いに京都行ったりしてます。ラーメンだけ食べに京都は行けませんよ、EFとかタダ券ないんだし。これもいずれ報告します。っていうか、犯罪者を学校の教壇に上げるだなんて、校長は頭おかしいんじゃないか?

過去の長い記事を振り返ってたら、議会報告会のことも書いてました。1年前と同じようなスケジュール感で進んでおり、今年も第4回の議会報告会の季節です。

【米原市議会:第4回市民との意見交換会】
http://www.city.maibara.lg.jp/0000007614.html

ikenkoukankai4

今回は、決算報告と、議員定数がテーマです。去年の女性の会騒動のようなのがなかったので決算はあっさりしてそうです。議員定数は、まあ減らす方向なんですかね。いま20人なんで、とりあえず18人?個人的には16人かと思ってましたが、思い切って10人にして、その代わりめちゃくちゃ責任重いし仕事増えるので報酬を倍に、みたいなのもありかも、と思い始めました。

2:6:2の法則じゃありませんが、要らない議員が落選するかといえばそうでもなく、逆に要らないのしかいなくなった議会は悲惨でしょうね、行政へのチェック機能も果たせず、みたいなこともあるかもしれないから、減らし過ぎによる弊害も大きそうです。実際に全国の町議会を見てると、相当大変そうなとこもありますし。

とはいえ、人口比や面積比で見ても米原市議会はやっぱ多い気がするので、そのあたりをみなさんと議論できれば、と思ってます。

なぜか、議員報酬の話は予定してないんですけどね。セットだと思うんですが、外されちゃいました。

私は、11/13金曜のやすらぎハウスにいます。金曜夜は職員の方が多いのですが、同日同時刻に米原庁舎でもやってるので、そっちが人気ですかね。

とりあえず、この第4回の市民との意見交換会をもって、実行委員としての役目もおしまい。といっても、多分2月か3月くらいまで報告書作成に追われてると思いますが。

もうこれで雑務係は卒業!と思ってましたが、広報委員会を拡張して公聴機能をとかいう話もあって、市民と政治との接点に携われるという意味では、しんどいんですけどやりがいはあったので、半分だけ覚悟は決め始めたとこです。

議長選に戻って、誰が新議長になるんでしょうか。実はもう票読みは終わってて、知らないのは自分だけ、だったりして。

というのだと市民にもわかりにくいかな、ということで挙げたのが先のマニ研の、議長選にも立候補制・マニフェスト導入を、という話。なんで議長になりたいのか、議長になったら何をして、何をもたらしてくれるのか。

あいにく私は中核派テロリストの仲間のメロリンQとは違って議場でパフォーマンスする能力がないので、議長選に出ようとか思うことはないんですが、って副議長経験者が3人くらいいて、それが先でしょ、とか、他にも大御所もいるし、権力好きそうなのもいるし、当分先だと思います。

でもせっかくなので議長マニフェストを考えるとしたら、議会改革のさらなる進展とか徹底ですかね。別に議長にならなくとも進められるところがあるので地道にやってきますが、議長の権威があればもっと進めやすいでしょうね。

とりあえず1年間のブランクができてしまったので、次の議長にはぜひ期待したいところですが、いったい誰がなるんですか??それでだいぶ議会の行方も変わってくるので、期待と不安がつのります。


北陸新幹線?

米原市議の松崎淳です。

議会報告会の初日が終了しました。近江公民館で応援班として見てましたが、24人くらい?の参加者の方々がいらっしゃいました。ありがとうございました。

【会場の様子】
DSC00562

県議さんもいらっしゃってました。facebookが好きじゃないんで見てないんですが、そっちにはコンテンツあるのかもしれませんが、ホームページはないみたいですね。開設を期待しております。

会場での質疑応答で気になった点を手短に。

北陸新幹線米原ルートについてのお尋ねがありました。

並行在来線の3セク化、これは勝手な想像ですが、長浜駅まではJR西日本のままにするんじゃないですかね。新快速を米原で打ち切りにしない気がします。

それに3セク化されても、運賃アップ額は微々たるもんでしょうし、本数も激減するほどそもそも走ってない気がするので、気にするほどのことではないと思われます。特に米原市に関しては坂田駅までの一駅ですし。都市部じゃない地域における公共交通としての鉄道の役割には、やや懐疑的な姿勢ですので。

地元負担について。スルーされるだけなのに負担を強いられるなんて、という考えは十分理解します。そこを大阪が気前よく負担してくれると言うのであれば、甘んじて受ければいい気が。むしろスルーされないような、空港のトランジットエリア的な施設・サービスを駅前で提供できるように考えることの方が必要じゃないですかね。

JR東海と西日本の境界の問題。これがでかいですよね。大阪-米原間を東海に持って行かれたら、西日本にとってうまみが全くない。この解決が最大のハードルだと思ってます。容量については名古屋折り返しのこだま分があると思うのでなんとかなるでしょう。

それと同様に、先日兵庫県知事が米原ルートを否定するアホな発言してましたが、北陸線需要の3割を占める米原経由の中京・静岡・神奈川方面の動向を無視した中途半端な考えでした。

既に富山は東京圏域になってましたが、金沢まで新幹線が開通したので石川も関西圏域を離れて東京圏域に移るでしょう。これが敦賀まで開通したら、福井までもが東京志向になりますよ。

そんな状態なのに、大阪ダイレクトアクセスだけを考慮してたら、全国的な交通網から外れてさらに衰退するんじゃないですか。リニアできたら名古屋ですらやばそうなのに。もっと超長期的に考えて欲しいです、なーんて市議の分際で知事様に向かって失礼しました。

東海と西日本の問題を解消できるかしこいプランを考えてもらって、直ちに米原ルートを確定させて一日も早く開通させて欲しいですね。遅くとも、リニアの大阪延伸のタイミングと合わせるくらいで。


米原市議会主催 第3回市民との意見交換会を5/8(金)・5/9(土)に開催します

米原市議会議員の松崎淳です。

怒涛の2ヶ月でした。3月議会中は毎度のことですが、通常なら時間に余裕のできる4月に一大イベントがありまして、それでずっとバタバタの日々を過ごしておりました。

ベネッセに情報提供するのも嫌なので特に公開しておりませんし、私は公人になってしまいましたが他はそうではないので極力表には出さないようにしておりますが、まあ、そういうことです。届出をする人の8割が公開するそうですが、残りの2割に該当します。8割という数字も、個人的にはビックリなんですけどね。

さて、滋賀県内の小学生・幼稚園児・保育園児にとって、ビッグな放映が今晩ありました。以前書いて、3月議会の一般質問の際にもチラッと触れたのですが、妖怪ウォッチで石田三成が取り上げられた回でした。

最近、彦根や長浜で三成タクシーなるものが登場して、一部のマニア(歴女とか?)に絶大なる人気が、とか報じられていましたが、石田三成をこの辺では次の大河ドラマに、と頑張っているようです。

大河ドラマ自体がもはやオワコンの気もしますけど、もし取り上げるのであれば、妖怪ウォッチを使わない手はないと思います、と改めて言っておきます。

滋賀県内のBBCでの放映が全国的にも相当遅れているので、他の地域では既に石田三成の回は放映済みです。日本中の小学生が石田三成のことを知っていると言っても過言ではないでしょう。小学生が身近にいる環境の人はぜひ、その子らに石田三成知ってる?と尋ねてみてください。ああ、ウィスベエのやつね、と返答がくると思います。

妖怪ウォッチも夏からアメリカ・世界進出を狙って次なる展開を仕掛けてくるようで、どんだけカネヅルにさせられるんだよと不安も募る一方ですが、ケロロ軍曹の時もそうですが、親世代が見ていても楽しめる番組になってるので、このビッグウェーブに乗り遅れることなく、様子を眺めていきたいと思います。

ぜひ米原市としても、朝日の観音寺という石田三成にまつわる全国的に知名度のある場所を抱えているのであれば、これまでも議会から数多くの指摘がありましたが、貴重な財産を持っているのに活かしきれてないとまた言われることのないよう、石田三成×妖怪ウォッチ×米原市というタッグでガンガンいって欲しいところです。マニア向けの市場よりも圧倒的に大きなインパクトが出ると思いますので。

さてさて、明日・明後日の金曜土曜の夜に、第3回目になります議会報告会、市民との意見交換会を開催することになりました。

【第3回市民との意見交換会のチラシ】
gikaihoukokukai3-1
gikaihoukokukai3-2

実行委員会の委員長が勝手に一人で辞めやがって辞めてしまわれて、副委員長を辞する機会を逃してしまったのでまた私がチラシを作成したのですが、代わり映えのしないデザインですみません。素人なもので、あまり見せ方がうまくないのですが、下手なりにこだわりだけは持っていまして、文字を絶対に小さくしないようにしています。

公民館とかに行くといろんなチラシが並んでいますが、それを見ていると、見た目とかデザインを優先して肝心のイベントの中身がいまいちわからなかったり見にくかったりすることが多いのですが、それは避けたいなという思いでこれまでも色々と作ってきました。

老眼の方でもメガネを外したりしないでも見えるように、ユニバーサルデザインっていうんですか、それを意識してます。人がみると、あ、これはマツサキが作ったな、と言われがちなくらい、ある意味統一感のあるデザインをこれまでもしてきてまして、もうちょっと洗練されたデザインを心がけたいところですが、そのうちしっかりと勉強したいと思います。

チラシの中身の部分でこんなところでなんですが、補足説明しときたいことが1つありまして、前回の第2回から各議員のところに所属会派を記載することにしたのですが、これを作成していた時期が3月末で、4月以降の会派構成がどうなるのか判らなかったのでなくなく割愛しました。

3月議会で副議長がまさかの大謀反を起こしてドタバタがありまして、結果として、4月から無会派議員が私1人だけだったのから3人になりました。私、議長、副議長の3人が無会派で、形式的には議長・副議長は中立公平な立場でという言い訳がしやすくなってます。

これまでと変わらず、3部構成で意見交換会を進めます。第1部では予算の紹介。当日のパワーポイント資料も自分で取りまとめをやっててデータが手元にあって、以前の回のアンケートで当日にいきなり資料を渡されて意見を述べよと言われても無理だよ、という記述がありましたので、当日には変わりないかもしれませんが、ここで事前に公開しておきたいと思います。

【意見交換会で使用するパワポ】
スライド1
スライド2
スライド3
スライド4
スライド5
スライド6
スライド7
スライド8
スライド9
スライド10
スライド11
スライド12
スライド13
スライド14
スライド15
スライド16
スライド17
スライド18
スライド19
スライド20
スライド21
スライド22
スライド23
スライド24
スライド25
スライド26
スライド27
スライド28
スライド29
スライド30
スライド31
スライド32
スライド33
スライド34
スライド35
スライド36
スライド37
スライド38
スライド39
スライド40
スライド41
スライド42
スライド43
スライド44
スライド45
スライド46
スライド47
スライド48
スライド49
スライド50
スライド51

たかだか50枚程度の、100KB前後のJPEG画像をアップロードするのに、光回線ではなく非対称なCATV銅線回線なのでどんだけ時間がかかるんだか…。そのうち光化しますというお知らせ来てましたが、まだかな?

今回は予算委員会で審議された内容を取り上げますので、まず最初に予算全体の話をしてから、次に3つの常任委員会(総務教育・健康福祉・産業建設)の管轄部署の案件を紹介する形にしています。

この「予算委員会で審議された」というのが実はポイントでして、当初予算案しかここでは取り上げていないんです。(1つだけ例外があって、UIJターンの奨励金は補正予算で上がってたのを、ここだけの話でそのまま掲載しています)

しかも、一般会計予算だけで、特別会計や企業会計は通常の常任委員会で審議したので、今回取り上げたのは「議案第11号 平成27年度米原市一般会計予算」の内容だけなんです。

この案件って、まさかの共産党が賛成に回った案件で、全会一致で可決されてしまったので、表立った議会の議論のやり取りってないんです。オール与党みたいな感じ。

一応、予算委員会でそれなりに審議されたものなので、いろいろと意見は出されていたのは事実ですが、まずもって私が予算委員会に参加できなかった不満があるので、ちょっと残念な気持ちもあります。

議会として丁々発止で議論を交わした案件はもっと他にもあって、それを市民との意見交換会で取り上げたらもっと面白くなるだろうなという思いはありますが、まあ、ここで愚痴っても仕方ないですね。

総務教育常任委員会管轄が、「シティセールス」「空き家対策」「東海道線3駅活性化」「少人数学級」「小規模校」の報告。

健康福祉常任委員会管轄が、「地域包括医療福祉センター(まだ「ケアセンターおうみ」にならない?)」「地域お茶の間創造事業」「赤い糸プロジェクト」「保育料無料化」「ファミサポ」の報告。

産業建設常任委員会管轄が、「都市計画線引変更」「耐震化促進」「UIJターン」「再エネ」「獣害対策」の報告をします。

議会だより第40号の賛否一覧表】
sanpiichiran1503

既にお手元に配布されていると思われます最新の議会だより第40号の5ページをご覧いただくと、賛否一覧表が掲載されています。ここをみると、この議会ではどういう大きな波乱があったのかがわかりやすいのですが、この3月議会では実質的に議案第24号だけ大きく割れて、あとはいつもの共産党のよくわからない論理の反対があっただけなんです。

例外的に1つ、市職員の給与を3年後から改訂するというのに反対した議員がいましたが、まあ、今後の動きを睨んでの動きだとかなんだとかだそうです。人事院勧告を政争の具にするのは、個人的にあまり関心がありませんので。

健福の報告の中で一応、この議案第24号で実質的に問題となった、第2子以降の保育料無料化を取り上げていますので、3月議会ではこんなやり取りでしたというのも軽く触れられてはいます。本当は24号の審議なので、常任委員会・連合審査会でやった内容なんですけど。

続いて第2部。道路網の整備。意見交換のテーマを決める際に、市民アンケートの結果を参考にこれまでしてきているのですが、不満1番目と3番目だったかな、これをまとめて取り上げようと当初は道路網整備に加えて、公共交通整備もやるつもりでしたが、外れてしまいました。部署が土木部と市民部(今年から政策推進部も加わった?)と分かれているので一緒にしにくかったのかもしれませんが、道路と、バスの話題は一緒でもいいかなと個人的には思ってました。

【市民意識調査の結果】
shiminishikichousa26

重要度と不満度いずれにおいても上位に来ている「医療体制の充実」については、取り上げようという話にはあまりなっていません。私が思うに、これは総員賛成でやるべきでしょう、みたいになってあまり議論にならないからではないでしょうか。その財源をどうするのか、というところではガンガンに議論できますが、議論したところで高齢者偏重になりがちな政治行政ではあまり実のある成果が出るとも思えず。そう言ってばかりもいられないので、少しずつ流れを変えようと努力はしているんですけどね。

道路網整備については、昨年策定した計画があるので、これをもとに議論をしていこうという形になります。各地の道路網整備計画をご紹介し、それ以外に進めて欲しい計画案などがあれば、議会として吸収して、今後の議論の土台としていく予定です。

自治会要望で既に挙げられているものが多いと思いますが、いずれも検討済みで、あとはどれだけ政治が関与するのか、といった、ああ、これこれ、政治のイメージって、我田引水、みたいなことでしょうか。

【米原市道路網整備計画2014】
http://www.city.maibara.lg.jp/0000001643.html
douromouseibi

個人的には、この計画にはないようなもっと大胆な提案とかあると面白いと期待しているのですが、例えば、市内一体化道路計画を分岐させて北部に伸ばしたりだとか、国道21号バイパスとコンパクトシティ構想や新都心整備みたいな話を結合させるとか、行政が想定するのを大きく外れるぐらいのものがあってもいいと思ってます。

きっと過去に議論されているのかもしれませんが、現時点で計画に表立って掲載されていないのであれば、こういう意見交換会みたいな場を使えたらいいですよね。

第3部は、予算や道路網整備に関わらず、市政全般の意見をみなさんから集めよう、という場です。

しかし今回は特別にですね、過去2回開催してきた意見交換会で取り上げたテーマの、「子育ての充実」と「市役所新庁舎問題」についても、それぞれ進捗が見られたのでもう一度お聞きしたいな、とも思っています。

子育てに関しては、これまでの議会でもドッタンバッタンがありました、おうみ認定こども園の代わりにまさかの近江西保育所の民間無償譲渡とこども園の定員スカスカ問題と、第2子以降保育料無料化で現場が大混乱の予感問題という進展がありました。

市役所新庁舎についても、米原駅東口がいいという出来レースの答申が出されました。特にこの問題に関しては、議会として市民2000人を対象にアンケートを実施したところ、かなりの数の反対論が出されまして、議会としても現時点では東口に賛成するのはほとんどいない状態になってます。今後はわかりませんよ、また工作されるかもしれませんし。

【米原市庁舎整備に関する市民意向調査結果】
http://www.city.maibara.lg.jp/0000006552.html

この2つのテーマに関して市民みなさんから改めて意見を伺うとともに、その他でぜひ議会を通じて市政に訴えてほしいことがあれば是非とも承って今後に活用していきたいと考えています。

個人的には、って何度も何度も個人的にはと書いていますが、一応事前に予防線を張っているんですけど、私の思いとしては、この意見交換会・議会報告会をもっとにぎやかにしたいと思ってまして、第1回・第2回と参加される方の数は減少傾向にあって、なんとか盛り上げるための策がないかと考えてきました。

一番わかりやすいのが、議会でどういう議論のやり取りがあったのか、特に委員会でですね、いつも言ってますが、委員会ではそれぞれの議員が結構言いたいこと言ってて、このやり取りが実は面白いんです。

そういえば、委員会の議事録はこれまで図書館と役場で紙で見られてましたが、ネットに公開して欲しいとお願いしたところ、なんと公開されるようになってました!( ゚Д゚ノノ☆パチパチパチパチ

【平成26年第1回定例会 常任委員会会議録】
http://www.city.maibara.lg.jp/0000006556.html

【平成26年第2回定例会 常任委員会会議録】
http://www.city.maibara.lg.jp/0000006557.html

この委員会でのやり取りのように、意見交換会に参加している5人の議員が、それぞれ言いたいことを言える場を設けることができれば、ああ、議会ではこういう議論が交わされているのね、と理解してもらえるんじゃないかと思ってます。

もちろん一部の議員の自己主張の場にされてしまうのはまずいので、あくまでも5人が平等に公平に発言できるようなテーマの選定とか発表方法の決定など事前の決め事が重要になりますが、議会から一方的にああでしたこうでしたと報告するだけの意見交換会ではなく、議会「報告」会というのであれば、先の議会で盛り上がった部分を紹介するのが、客観的に見てると面白くなるポイントじゃないかと思ってます。

ぶっちゃけますと、予算とか決算自体の説明に関しては、それぞれの担当部署や財政課に説明で勝てるわけないんです。彼らはそれが仕事のプロですから。議員はそれに対して、時に市民目線で、時に政治家というプロの立場から、議論を繰り広げていくのが仕事であり、予算決算の説明ではなく、それに対して議会としてどのように突っ込んできたのか、これを報告すべきなんじゃないでしょうか。

これをやりたい気持ちで一杯なんですが、じゃあ今すぐできるかと言われると、もう12月議会どころか3月議会の記憶も薄れてきてまして、相当な準備をしなくてはなりませんし、そこまでバッチリ対応できる議員は、米原市議会でもごく数人だけのような気もします。

とりあえず私は5/9土曜日の山東公民館で司会を担当します。第1回・2回はベテラン議員さんが司会をするのが多かったんですが、3回4回と徐々に新しい議員が司会を担当するようになると思います。この上手くいかない無様な姿をそのまま見てもらうのも議会報告会であり、議員のありのままの姿を見てもらえたらと思います。

一応市内4会場ですべて共通の資料・説明を行う予定ですが、それぞれ5人の議員が分担して会場に入りますので、気になる議員がいればその議員のいる会場を選んでいただいてみるのもいいかと思います。

と当事者の立場からは是非とも来てください見てくださいなわけですが、議員になる前の一般市民だった頃は政治に対して興味関心が薄かったわけで、わざわざ週末の夜に行かないだろうな、というのが正直なところです。

行ったところでそんなに変わるわけでもないし、だから選挙という一番大事なところにも参加しなくなってきてるわけですが、でも、違うんです。選挙で結果が変わりますし、この意見交換会でも、市民のみなさんの多くに参加してもらえれば、市民の直接の声を吸収する場になるので、今後の議会活動に反映されるんです。

当日の会場では、よくありがちですが声の大きい人がずっとしゃべり続けたりしてて、結局普通の一般市民の声は届きにくいのかと思われてしまうかもしれませんが、そういう時でも、アンケートにぜひ文章で書き記していってください。アンケートも全部じっくり読ませてもらっています。

【第2回市民との意見交換会報告書】
http://www.city.maibara.lg.jp/cmsfiles/contents/0000006/6416/result_2nd.pdf

特に私の場合、支持者支援者のいない風頼み、と言ったら恥ずかしいのですが、個人的な信条としても、特定の人のための政治ではなく、普通の人、大多数のサイレントマジョリティーのための政治をしたいと考えていますので、日頃から直接意見をもらうことももちろんですが、市民の声の風をしっかりと嗅ぎ分けて感じ取って、市政に反映させていきたいと考えてますので、まあ、他の議員さんもそうかもしれませんけど、こういう機会をぜひとも活用して頂いて、自分が住む街をよくしていくためにちょっとだけご協力いただきたい、という思いです。

こういう市民の声をすくい上げるのに、ネットをもっと活用できたらな、と思うこともたまにあります。住民投票とまで行くと仰々しすぎて面倒くさそうですし、アンケートみたいな簡単なシステムがあって、気軽に意思表示できるような仕組みになれば、もっと政治が身近に感じられるようになるんじゃないかと思ってます。

もちろん世論調査に流されてしまうとそれこそまさにポピュリズム政治になってしまうので、政治のプロの立場からの判断が必要なことは言うまでもありませんが、先日の衆院選で北海道に「支持政党なし」という謎の政治団体が面白い提案をしてて、主義主張を捨てて、すべて多数決の意思決定に従うというのを言ってました。

これ、真面目なところで、元みんなのタリーズ党、じゃなかった、元気なんとかってとこも、直接民主主義って言い始めてるんですよね。

一概にポピュリズムと否定するだけでなく、今後の方向性として一つ見ておくのもありかな、と思いました。

というわけで、5/8金曜日の19時から21時までは、ジョイいぶきと近江公民館(ここに裏方班でいきます)。5/9土曜日の19時から21時までは、米原公民館と山東公民館(ここに司会でいます)に、ぜひお越しください。

お待ちしています!

(時間帯ですが、前回は平日夜と土曜昼を試したので、今度は平日昼も試してみたかったのですが、農繁期で難しいとのことでしたので、次回の11月開催の時は平日昼の開催もやってみます)


議会報告会と一般質問と独自メディア

米原市議会議員の松崎淳です。

今日はハメられました。orz

議会報告会実行委員会があったのですが、委員長に一抜けされてしまいました。他の委員長もあるからか辞めたいというのは前々から聞いてはいたのですが、委員長が交代するときは副委員長も一緒かな、それにしては最近なんの動きもなかったな、と思っていた矢先に、ヤラレタ。orz

確かに議会の中でみんなで役を分担しないと一部にばかり負荷がかかってしまいますので、庁舎の委員長もやられていると大変かもしれないのはわかります。

また自分としても、議運に参加したかった理由の一つがこの議会改革や市民との接点に関する部分でもあったので、自分なりの工夫のしやすい副委員長職を続けることにやぶさかではないのですが、あまりの突発的な委員長交代劇に、苦笑せざるを得ませんでした。ヤラれたー。orz

とりあえず、今度の議会報告会、第3回の期日と場所は定まりました。5/8(金)・9(土)でいずれも19時から21時で、場所は旧4町の公民館です。テーマは、「公共交通の充実と、道路網の整備」を予定しています。市民アンケートの結果で、1番と3番に不満度が高かったものをまとめてみます。ちなみに2番は確か医療の充実だったかと。

子育てや家事で忙しい人用に、今度は平日昼間の開催も試みたかったのですが、農繁期らしいのでその次の11月に実施することにしました。

場所は第1回と同じ場所に戻るのですが、各地をもっと回ってみても良かったのかもしれません。もっとも、回ったところで集まる人はあまり変わらず、固定化して覚えてもらうというのもわからなくはなかったですが、どんなもんでしょうかね。

【第1回と似た形に】
150306gikaihokokukai

個人的に、この議会報告会には面白さが足りてなくて、もっと来たくなるような仕掛けが必要だと感じていて、一つは議員間でもっと持論を述べてもらって議論してもらった方がいいと思ってるんですが、徐々にそっちの方向に持っていければと思ってます。型にはまった報告会よりも、もっと議員を見てもらえる場にした方が、市民の関心も高まるんじゃないですかね。

さて、今日までの3日間、米原市議会の本会議において、会派による代表質問4件と、各議員による一般質問11件が行われました。

【米原市議会:平成27年第1回定例会 代表質問】
http://www.city.maibara.lg.jp/0000006420.html

【米原市議会:平成27年第1回定例会 一般質問】
http://www.city.maibara.lg.jp/0000006423.html

質問の通告方法なんですが、私の場合大きなテーマでくくり、そのなかで中項目・小項目のように細かい質問を行っているため、今回は「持続可能なまちづくり」という1つのテーマの名称のみが公開されています。

一方で、私の中では中項目扱い程度の内容を、テーマのところに持ってきている議員や会派もいます。これは単純に書き方の問題のような気もしますが、議場においては初問の答弁は議場中央で行い、それ以降は市長や各部長の自席で行います。余談ですが今朝の一般質問で、想定していなかったイレギュラーな質問があったため、答弁をする場所についてちょっと混乱がありましたが、最近では毎回必ず、何かしらの突発的なイベントが発生していますので、楽しみにすらおぼえています。

このテーマ・中項目の扱いは答弁場所以外に、上記のホームページや、報道機関に発表する内容にも関係しています。私はいつもあっさりしているなぁ、と思われても仕方ないような記載になってしまっていることにようやく気付きました。そんなにあっさりとした質問を行っているつもりもないんですが。ちょっともったいないです。せっかくの自分の質問内容を広め伝えてくれるチャンスですので、次回から、覚えていればですが、質問の記載方法についても工夫してみたいと思います。

ダメですね、自分では常に情報発信して米原の魅力を市内外に広めてくれと言ってばかりいるのに、自分ではそれが出来ていなかったことに、反省です。

さて一般質問ですが、自分のはいつかちゃんと紹介しなければと思いつつ、書く量が多くなるのが確実なので、なかなか着手できずにいます。一般質問のデータの入ったパソコンは別ですし。。。

他の人の質問に対して、個人的に勝手評論でもしようかなと思っていたくらいですが、これもできずにいます。議会だよりにある程度は掲載されているのですが、なかなか読んで頂けていない気もしていて、どうしたらもっと議会に興味を持ってもらえるかを考えた時に、とりあえず自分から面白おかしく書いてみたらちょっとは意識してもらえるかも、とこうしてブログも再び更新するようにしています。

各議員の一般質問も、第三者の目線から勝手に考えを述べてみたら面白くなりそうとも思うのですが、ちょっとハードルが高いかもしれません。人に口出しする前に自分をもっと磨け、のような至極まっとうな指摘も来るでしょうし、ちゃんと質問の真意を見抜けないことも出てきてしまうでしょう。その辺の十分な配慮は必要です。

米原には独自のメディアがなく、批評機能が働かないと感じることもあります。人口10万ちょっとの彦根長浜には新聞まであるのに、4万の米原は少なすぎるのかもしれません。

この独自メディア、欲しいですね。新聞だとコストが高いなら月間とかでもいいですし、メディアをネットにすればコストは抑えられます。地域FMラジオなんかも面白そうですよね。先日テレビで紹介されていたのに、ずっと黒字のラジオ局が面白そうな仕掛けをいっぱいやっているというのがありましたが、低コストにスタートなんか出来たら楽しそうですよね。

【TBS がっちりマンデー 儲かる秘密:儲かる地元メディア!】
http://gattirimonday.blog.so-net.ne.jp/2015-02-15

山口県宇部市のFMきらら、というそうです。

欲しいなら自分でやれ、なんかそんな言い回しが大学の頃にあったのを最近思い出しました。言い出しっぺの法則、ですね。まだ新しいキャンパスだったのでチャンスは結構転がっていて楽しかったので、ここでもやってみたいという意識は結構あります。

ほかにもいっぱいありますよ、米原が面白くなりそうな企画。ただ手足の数が追いつかない状態がずっと続いてますし、なおさら今は議員という立場じゃないですか。なんかやって行政と癒着してるとか言われても嫌じゃないですか。ましてや補助金などもらったら、自分で税の使い道を審査する立場にあるのにマッチポンプみたいじゃないですか、政治倫理の観点からすると。。

なので今時点で着手するのは困難だと判断していますが、いずれ時期がくれば着手したいと思います。

毎度脱線が過ぎますが、何か議会は面白いと思ってもらう、感じてもらえるようなことを紹介して欲しいのですが、なければまずは自分がここから細々とでも始めてみようと思います。

とりあえず、今日の堀江議員の一般質問は、面白かったです。私のまちづくりの質問と近いものを感じましたが、興味深い提案がいくつかあったと思います。途中ヤジが飛ばされるところもありましたが、そこは別の考え事してたのか覚えていませんのでなんとも言えませんが、総じて、いいよいいよと思う質問内容でした。オーベーじゃないので立ち上がって拍手するような真似は恥ずかしくて出来ませんでしたが、それくらいに良かったと思いました。

それを本当は詳しく見てみたかったのですが、残念ながら今日はパワー切れです。またいずれ。